KOTETSUをご覧のゲスト様から「お茶をどうぞ!」とのお誘いを受けました。
皆様とてもお招き上手の方々で、サイトをご覧の皆様にも楽しんでいただきたいと、この度「ご紹介ページ」を仕上げました。それではどうぞご一緒にティータイムを楽しみましょう。

Upper East Side Madison AV. に面した通りには5番街よりも落ち着いたブランドショップや子供服からおしゃれなレストラン&ベーカリーショップが立ち並び、ミュージアム・マイルにも程近く19世紀末に建てられたボザール様式の豪邸や当時の高級アパートメントが立ち並ぶ最適な住宅地です。今回O様をご訪問するにあたり宿泊に選んだUpper East Side のホテルも19世紀の高級アパートメントを改装した名残りが随所に・・・

そのひとつ、ホテルの入り口に残る高級アパートメント用に設置されたポストです。
前を通る度に目に留まる U・S・MAIL LETTER BOX の下に印された CUTLER MALL CHUTE CO. を調べますと当時の鉄道建設により発展した郵便事業が1884年から始まり1905年以降からは50軒以上の高級アパートメントやホテル等の建物の入口に必ず設置されたという〜アメリカの歴史を 一つお勉強。

午後の陽射しを浴びながらゆっくり向かった先には私達を最高の笑顔でお迎えしてくれたMoMoちゃん。今回はニューヨークでの生活をエンジョイされていらっしゃるO様のお宅にお招き頂き、午後の時間をゆっくり過ごさせていただきました。 さっそくペントハウスから眺めるエンパイヤーステートビル。夜景スポットとして様々なメッセージを伝える変幻自在なイルミネーションカラーが眺められるとのこと〜。

窓辺から眺めるニューヨークの名所を一望している内に「お茶にしませんか〜」うわ〜素敵。
久しぶりのKOTETSUおススメ銀器達がテーブルに美しくセッティングされています。背の高いコンポートに焼き立てのケーキを盛り付け〜サンドイッチはお揃いのコンポート・ペアを並べ 私達二人分とO様お一人様分に分けてセッティングされています。

澄み渡る空に舞い降りたミントン窯のエンジェルを画像でもう一度〜お見せしましょうと、エンジェルを眺めるようにサンドイッチを盛り付けました。
日本とは異なるオーブンのUSA温度表示になかなか慣れなくて・・・と仰りながらも、焼き立てのスコーンに続き、お腹が一杯でしょうか?と言われながらサルヴァに盛り付けたお手製のケーキ。そこで〜切り分けするO様のお姿をパチりん。小さ目に切り分けて下さいと言いつつも〜しっかり頂きました。

まるで食べてばかり??というご紹介ですが、その間に積もる〜お話をず〜っとおしゃべりしながら日本とは違う環境でのアクシデントも乗り越え、メトロポリタンやフリックコレクションへちょうど良いお散歩ロードとして、日々過ごされているご様子。

環境が変わり、多々〜体調を崩されることが多いのでは気がかりでしたが、にっこり微笑む O様にお会いする事が出来、ちょっと安心?という親心になってしまいました。

実は私達が来訪する数日前に高熱を出されたと伺い「これは大変な事態だわ」と気が気ではなかったのですが・・・ニューヨークに着き「ようやく声が出るようになりました」と〜その病み上がり&ふらふら〜の状態での美味しいティータイムのおもてなし準備に心より感謝申し上げます。
ところでソファに並ぶ花嫁姿のテディベア〜なんと挙式に向け自ら縫い上げたハンドメイド・ウェディングドレスをベアの為にミニチュアドレスを作られたとのこと。お隣のご主人様ベアもにっこり並んでいます。

眩しい青空。翌日、O様ご夫妻にランチにご招待頂きました待ち合わせのメトロポリタン・ミュージアム。ひと足〜お先に朝一番で入館し、お目当ての観賞品をチェック。
銀器&陶器&家具に絞りアメリカン・ウィングへ直行です。ロンドンのV&Aのイギリスの歴史を遡ったブリティッシュコーナーの展示方法に似て〜とても分かりやすいコーナーです。

ご夫妻とインフォメーションで待ち合わせ〜ご案内されましたミュージアムの Members Dining Roomへ。窓から眺めるセントラル・パークの向こうにダコタ・アパートメントが見えます。シェフご自慢のお料理をあれこれ選んでいる間もO様ご夫妻から〜おススメ・ニューヨーク情報を伺い滞在中の過ごし方もまたまた〜欲張りになってしまいそうです。特に一番に気になっていたミュージアム情報&ティールームやレストラン情報等など。もうもう〜お腹がいっぱいと言いつつ?デザートティータイムを頂きながらご夫妻とのお話に夢中です。 この度はお忙しい中、ご夫妻とともにランチをご一緒いただき有難うございます。今度は是非〜ロンドンでお会いしましょう。