Part1. クィーンメアリー ローズ・ガーデン〜ティータイム
Part2. ガーデン・ティータイム
Part3. ワンポイントレッスン〜B&Bプレート

リージェンツ・パークの中央に位置する「ローズ・ガーデン」のバラが見事に咲き始めています。何種類あるのかしら・・・と、ひとつひとつ名前をチェックしましたが記憶メモリーにおさめられないくらい珍しい品種の数々、芝生には自由きままに休む事が出来るチェアが置かれ、日光浴中の方、まだよちよち歩きの赤ちゃんを思いっきり走り回らせているママ達、厚い本を抱えながら読書タイムの老紳士など、それぞれが自由自在に時間を楽しんでいるようです。

それでは、歩き疲れたところで、ちょっと一息「ガーデン・ティータイム」 色いろなローズばかりではなく、季節の草花を眺めながらアフタヌーンティーのお時間にしたいと思います。ホテルでのティータイムと違い、色いろな虫や鳥の声・・・もちろん何処にでも現れるロンドン鳩を眺めながらお茶タイムにします。



オープンテラスに入り・・・・まわりのローズガーデンを眺められるテーブルへ。 そして、かなり遅めのランチをオーダー。朝からずっとディラーさん巡りをしていましたので、もうすっかり夕方に近い時間です。お腹がどんなに空いていても少々ボリュームのあるサラダは・・・・・・・二人で分け合う くらいが、ちょうど良い量です。



もうもうお腹が一杯なので、デザートは無理といいながら。。。。 “Pavlova”をオーダー、ボリュームのあるクリーム入りのメレンゲケーキにシロップ付けのグズベリー& エルダフラワーをのせたデザート。 かなりの甘さです。「紅茶」無しでは頂けないくらいの“こってり系スィーツ”。 しかし、近くに座られたイギリス人のご夫婦は私達がオーダーしたメニューの3倍はぺロリと召し上がり、 さらにデザートモリモリをオーダー。サスガ!です。

こちらは公園の中ということもあり、車の音も一切耳にする事無く、雲の流れと鳥のさえずりをご馳走に何時間でも紅茶を片手に過ごしていられます。次はバスケットにお茶道具を詰め込み〜出かけてみるのも素敵かも・・・。

▲ トップへ戻る


※Part.2 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。

一年のなかでも、6月は色とりどりのお花が花開く〜美しい季節です。
そこで、器も一緒にお花畑〜という「ガーデン・ティータイム」をセッティングしてみました。
どうぞ、思いっきりガーデン・ティータイムを楽しまれて下さい。

▲ トップへ戻る



※Part.3 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。

モーニングやティータイムの演出にかかせないB&Bプレートは、サンドイッチからスィーツの盛り付けなどにとても重宝な器です。正方形が基本となり、長方形から円形などテーブルのサイズやお招きされるゲストの人数を考えながら、たっぷりのスィーツづくしで・・・・・ティータイムを演出されてはいかがでしょうか。

大きめのペア・プレートには盛り付けるスィーツの色合いを 考えながら飾り付けましょう。
絵皿のようなコンポートには、お菓子がだんだん少なくなっていくと・・・・エンジェルの顔が見えてきます。
そんな演出もゲストの方がたを驚かせる〜セッティングです。
▲ トップへ戻る

001|002|003|004|005|006|007|008|009|010|011|012|013|014|015|016|017|018|019|020
021|022|023|024|025|026|027|028|029|030|031|032|033|034|035|036|037|038|039|040
041|042|043|044|045|046|047|048|049|050|051|052|053|054|055|056|057|058|059|060
061|062|063|064|065|066|067|068|069|070|071