Part1. クラリッジズ〜アールデコの宝石箱に包まれながら
イングリッシュ・ブレックファースト・ティータイム
Part2. アンピール様式のクラシカル・ティータイム
Part3. おススメ〜ダムウエイター・ティータイムの家具


アールデコ調のインテリアに包まれ、大理石とシャンデリアに迎えられる昔のままのエントランス・ロビー。室内もアールデコをベースに、ヴィクトリアン様式を加味した落ち着いたインテリアはノスタルジックな 装いを味わえます。お部屋に案内されるまでの待ち時間。グリンティー(玄米茶)がたっぷり入ったティーポット&同じ容量のウォーターポットでしばし・・・リラックスタイム。ウエルカムフルーツはやはり〜イギリスらしい青りんご(シャンパンの方が絵になりますが・・・)

昔ながらの伝統的なブレックファースト。 それもブレックファースト・ルームという〜ほかの食事の時に使うダイニングとは別の一室で用意された頃の最もイギリスらしいイギリスの伝統料理です。その名も空腹を絶つためのお料理。今回はクラリッジズのメインダイニングルーム〜The Foyer にて頂きま〜す。
ディナーとは異なる(当たり前かもしれませんが・・・)ブレックファースト・メニューを開き、そこに紹介されているメニューを眺めますと、イングリッシュブレックファースト、さらにクラリッジズ・オーガニック・ブレックファースト と書かれたメニューをチェック。この他にはベジタリアンもございます。
最近、イギリスでは環境問題&オーガニックブームですので〜メニューにも取り上げられているのでしょう。 有無も言わせず、一緒にオーガニック・イングリッシュブレックファーストをオーダーしました。卵料理をポーチドエッグとボイルドエッグ〜その他は焼きトマト・マッシュルームのソテー(日本の椎茸に近い食感)ベーコン諸々・・・画像の通りです。もちろん、コンチネンタルや軽めのフルーツサラダなど、例えイギリスのホテルでも伝統的な朝食を召し上がっている方々は少数派のようでした。ホテル周辺、ビジネスマンの朝食打ち合わせ会議に集うグループなど、軽めのコンチネンタルやフルーツサラダを リクエストされる方が多いです。その中、カリカリ・トーストにシェフおススメのジャム(野菜をベースにベリー系&ハーブの組み合わせ)はついつい手が伸びてしまうほど〜フレッシュなジャムです。 テーブルに着席すると同時に「お飲み物のリクエストを訊ねられます」 すかさず選びましたのは、クラリッジズ・オリジナルのイングリッシュ・ブレックファーストティー。 インド産とスリランカ産と東アフリカ産の様々なリーフをブレンドしたイングリッシュ・ブレックファーストティーを 濃いめに抽出し、最も伝統的なミルク・ティーをたっぷり味わいました。 まさに〜あらゆるお料理に似合うイギリスらしい〜正統派ブレンド・ティーです。

▲ トップへ戻る



※Part.2 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
ヨーロッパ諸国に伝わった大きな文化の流れ、その潮流となります宗教文化と貴族文化は切り離す事が 出来ない流れです。 教会文化と一緒に大きなうねりとなり、ヨーロッパ中を掛け巡った文化。 建築・食文化・音楽・美術すべてに影響を与えた大きな潮流です。 行きつく処は何処であろうとも、国から国へとヨーロッパ全土に広まっていきます。 その一つの文化様式、アンピール様式〜もしくはエンペラー様式とも言えますナポレオン統治の頃に 主流となった文化様式ですが、イギリスにおきましても同じような雰囲気のリージェンシースタイルが大きな流れとなります。 冬の始まりを感じる頃、アンピール様式のバカラのグラスとブルボン王朝に続けと・・・・・建築&食生活等を お手本にしたハプスブルク家ご用達〜ロブマイヤーのゴールド&プラチナエナメルをネオ・クラシカル紋様で 仕上げたボール&ソーサーを貴族文化の優美さを感じさせるテーブルセッティングに演出してみました。 今宵?レディー&ジェントルマン・・・・大人のティータイムです。

英国スターリングシルバーのトレイにドイツ銀のアンピール様式のクラレットジャグを組み合わせ、 ワインにビスコッティ浸しながら・・・
お一ついかがでしょうか。

クラシカルエレガントのテーブル、それまでの色を抑えたコーディネートからコンポート&バスケットの 華やかなシンフォニーの演出です。 テーブルウエアをシックにまとめながらも、スィーツ&フルーツの鮮やかな色彩をひき立てる〜そんな 大人の気分でティータイムです。
▲ トップへ戻る



※Part.3 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
ティータイムの為に作られました特別なお茶の為のアンティーク家具。ティーケトル&ティーアン専用のテーブルやティーキャディを宝石のように崇めたてまつる為のテーブルなど ティータイムに使われたアンティーク家具との出会いは感動です。その中でも実用&効率的な家具としてお使い頂けますダムウエイター。いつものお茶タイムに、そして手軽な空間にお役立ていただきますダムウエイター。お茶道具のお披露目等〜お好きなアレンジ・セッティングを楽しめます。
▲ トップへ戻る

001|002|003|004|005|006|007|008|009|010|011|012|013|014|015|016|017|018|019|020
021|022|023|024|025|026|027|028|029|030|031|032|033|034|035|036|037|038|039|040
041|042|043|044|045|046|047|048|049|050|051|052|053|054|055|056|057|058|059|060
061|062|063|064|065|066|067|068|069|070|071|072