Part1. ロンドン・リッツ〜理想のアフタヌーンティー
Part2. 春をささやく〜イングリッシュガーデン・セッティング
Part3. マダムおススメ〜グラスデザートのセッティング


世界中から注目される「憧れのロンドン・リッツでのアフタヌーンティー」をいかに理想的なセレモニーへと仕上げるまでの逸話。1906年ロンドン・リッツの開業には創始者セザール・リッツが望んだ理想のホテルからスタートしています。それも自分の名前のついた小さな邸宅のようなホテル。パリのヴァンドーム広場にあるホテル・リッツ・パリを開業したのち、実業家としての知名度を高めた上でのリッツ・ロンドンへの構想には様々な期待と夢を人々に持たせました。プチ・フレンチ・シャト―という小さなスタイルを選び、ホテルの内部はパートナーのフランス人実業家シャルル・ミューズのアイデアにより、ルイ16世風のデザインを用いられました。
ドアマンに迎えられますと、エントランスホールからロングギャラリーへのスペースはアンティークや美術品に囲まれた美しいギャラリー。 その中で最も豪奢なシャンデリアの下にきらめくザ・パーム・コート。ガラス張りの天井から自然光が射し込む中、お茶を楽しむ人々をいかに美しく見えるようにと 考えられたシャンデリアの色合い。

セザール・リッツがホテルの施設内にレストラン業を採り入れたアイデアには、イギリス人を現実から離れた異空間で過ごす〜習慣となったお茶の楽しみ方を、ホテルという空間の中にしつらえたかったとされます。

ひと際〜華やかなパーム・コートはウィンターガーデン式の建築様式にまとめられ、マナーと気品を備えたマダム&ジェントルマンが今日も優雅に紅茶を楽しんでいます。壁を鏡面に囲まれていますので、テーブルの間隔が狭くとも〜見た目以上に広く感じます。リネン類が以前よりも軽やかな素材に変わり、アフタヌーンティーメニューにも陶器に描かれた同じ紋様を装飾に採り入れています。
小さな変化ばかりに目がいきますが・・・リッツの定番?フラットウエアはフィドル・スレッドパターンのペイストリーフォークとデザートナイフ&ティースプーンがセッティングされています。
早々にオーダーしましたアールグレーティーがサービスされます。 ティーポットのライオンを蓋摘まみにしたティーサービスセットはセザール・リッツが残した象徴。 ティーカップに映し出される美しい水色をご覧下さい。必ずや濃厚なミルクが添えられ、個々のお好みの味に調整します。

3段のケーキスタンドが運ばれました。 以前は中央のプレートにスコーンを盛り付けた状態で置かれましたが、今回はフィンガーサンドを召し上がった後に出されるとのこと。やはりスコーンを温かい内に召し上がっていただきたいという〜サーヴィス精神から時間を分けて運ばれる事になったのでしょう。日々セザール・リッツの理想を追求するホテルマン精神を感じました。

心地よい時間を過ごす為にと最高のサーヴィスを心得たホテリエの動きは・・・眺めていても美しい動作の数々。ふと〜手を休めながら見とれてしまいます。フィンガーサンドイッチを満喫した頃を見計らい・・・温かなスコーンが運ばれました。さらにティーポットの紅茶の渋みが強くなってきた頃を見計らってスマートに新たな茶葉で淹れかえる心遣いは最高のタイミングです。
最後にプチフールを一口、ベイストリーフォークでいただけるサイズですが・・・・なんとか1個のみ。そして、ひとつひとつのテーブル〜すべてのゲストに入念な挨拶で見回るサロン・マネージャー。そのにこやかな笑顔はロンドン・リッツのホテリエとしての誇りを感じます。
 

艶消しのガラスを嵌めこんだ天井にピンク色の大きなシャンデリアの輝き。人々の顔をより美しく見えるように腐心した室内装飾。今もなお息づく創始者〜セザール・リッツの理想とする最高のホテルから生み出されたアフタヌーンティー。
イギリス人の日常的な習慣にとどまらず社交的〜華やかな夢のようなティータイムをホテル独自のサーヴィス に加えたアイデアはイギリスの高級ホテルの象徴的な催しものとして、さらに大きくホテルが変わった時です。
▲ トップへ戻る



※Part.2 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
真っ白なリネンの上に並ぶ〜イングリッシュガーデン・セッティング。淡いピンクの縁取りに様々なフラワーブーケを描いたミントンのディナープレートは春の訪れを囁いているようです。
サイドプレートにはロマンチックなローズピンク・グラディーションを重ねた〜ピンクローズを合わせました。春のやわらかな陽射しとともに、待ち遠しいガーデン・プランをテーマにおしゃべりタイムの始まりです。ロマンチック・ピンクの神秘的な色合いは人々の心にゆとりを与える不思議なパワーを秘めています。「Babypink」〜人々に幸福感をもたらす色〜その思いやりの気持ちを込めてお届けします。

▲ トップへ戻る



※Part.3 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
ロブマイヤーのシャンパングラスでグラスデザート・セッティングです。二枚重ねのプレートの中心にシャンパングラスをセッティング。
シックなゴールドエナメルが引き立たせるアイボリーの鮮やかな英国古陶磁器と一緒に〜透明感のあるブリテッシュグリーングラスを合わせテーブル全体を落ち着いたカラーコーディネートでまとめました。デザートグラスに盛り付けられる華やかなデザートを引き立たせるように・・・ほんの少し抑えた色調です。
▲ トップへ戻る

001|002|003|004|005|006|007|008|009|010|011|012|013|014|015|016|017|018|019|020
021|022|023|024|025|026|027|028|029|030|031|032|033|034|035|036|037|038|039|040
041|042|043|044|045|046|047|048|049|050|051|052|053|054|055|056|057|058|059|060
061|062|063|064|065|066|067|068|069|070|071