Part1. カントリーハウスのような〜
セント・パンクラス・ルネッサンスホテル
Part2. ロイヤルウースター〜アイボリーブラッシュ・ティータイム
Part3. マダムおすすめ〜銀器&グラス・バスケットのアレンジ


ヴィクトリア時代の華やかな鉄道旅行とともに営業を始めたグレイト・ミッドランド・ホテルを大修復&増改築を経てオープンしたセントパンクラス・ルネッサンスホテル。華やかなりし大英帝国が息づく伝統とモダンに移ろう現代のロンドンが繰り広げる優美な空間です。
当時のホテルを設計したジョージ・ギルバート・スコットのイメージを損なう事無く再現されたホテルはヨーロッパ各地から集うユーロスター・セントパンクラス駅に直結する〜現代のロンドンを象徴するホテルに生まれ変わりました。と感じる程・・・涙ぐましい修復期間が語っているようです。ヴィクトリア女王が好まれたと伝えられる金彩紋様が浮き上がる壁紙&螺旋階段を埋め尽した 絨毯&レディ・スモーキングルームの室内装飾の見事な再現と当時の英国の精神性を表現したネオ・ゴシック 様式の荘厳な窓紋様です。

単なる歴史的な建築物の復元のみに終わらせない〜ところが英国の前向きな構想でもあり、人々を 引き付ける魅力かもしれません。古き建物を再現すると同時に現代人が求める快適なシステム&空間をもホテルのサービスに加えられています。まるでカントリーハウスの当主になったように・・・過ごせる時間。まさに現代人が求めるホスピタリティーをホテルが提供する最高のサービスにて〜もてなしてくれます。その特別なおもてなしサービスとは、滞在中いつでも好きな時間に過ごせるChambers Clubでは午後のお茶の時間〜アフタヌーンティーからアフターディナーティータイム&モーニングティータイムを心ゆくまで〜自由に過ごせます。それは嘗てカントリーハウスを存続し続けた英国が英国であり続ける所以とも言えましょう。

滞在中〜この螺旋階段とお部屋を行き来しながら、ゆっくり過ごすお茶の時間。
沢山の人々が行き交うステーション〜その様子を見ながらも・・・・お邸で寛いでいるようです。
▲ トップへ戻る



※Part.2 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。

ティーテーブルにさり気なくアレンジしたグラスバスケットと一緒にロイヤル・ウースターの アイボリーブラッシュ地に描かれたイングリッシュガーデンフラワーティーカップ&ソーサーと 幾種類ものフルーツを描いた透かしプレートでスプリング・ティータイムです。
春の陽射しは寒さで固くなりがちの身体をゆっくり&ゆっくり雪融けのようにほぐしてくれます。その心地良い陽射しの中、イギリスに咲き誇るガーデン・フラワー紋様のティーカップとともに 午後のお茶の時間をご一緒しませんか?


すらりとしたコンポートにフィナンシェを並べますと、まるでオブジェのような姿が美味しい菓子器に変身です。

ウースターの透かしプレートにティーカップに添えた透かし蔓草紋様のティースプーンを重ねます。
イングリッシュガーデン・フラワーが自然に描かれたB&Bプレートにマザーオブパ―ルハンドルの美しさを引き立てるサーヴィング・カトラリーセットをそ〜っと添えてみました。

アイボリーブラッシュのケーキ皿はお茶とともに味わいたいプチフール取り皿に最適です。そーっと添えるシュガートングを持ち上げますと、まるで貴婦人のように美しく取り分けられます。
フルーツ紋様のスクエアプレートに季節のフルーツとシフタースプーンを添えて〜準備OK!。

スモールサイズのプチ・コンポートは手元を飾る華やぎ銀器。
ついつい大ぶり銀器セッティングでまとめてしまいますが〜ティーテーブルの空間に置かれた低め&小さな銀器は ゲストの視線を楽しませてくれます。

まるで〜キャンパスに描くパステル画のように〜ティーパーティーの始まりです。
▲ トップへ戻る



※Part.3 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
銀器に重ねられたグラス・バスケット。 花籠をイメージさせるグラスバスケットやジョージアンのシュガーバスケットなどなど。 大きさもガラスの色合いも様々です。 器としてもフラワーベースにも自由自在に変身するグラスバスケットはテーブルセッティングのワンシーンを 作り上げる小道具。 イメージモチーフに合わせた光とのコーディネートを楽しむ最適なグラスバスケットです。
▲ トップへ戻る

001|002|003|004|005|006|007|008|009|010|011|012|013|014|015|016|017|018|019|020
021|022|023|024|025|026|027|028|029|030|031|032|033|034|035|036|037|038|039|040
041|042|043|044|045|046|047|048|049|050|051|052|053|054|055|056|057|058|059|060
061|062|063|064|065|066|067|068|069|070|071