当ウェブの更新情報や新着情報はこちらに随時追加していきますので、どうぞこちらをチェックしてから各ページをご覧下さい。また催事出展情報・店舗企画などもこちらでお知らせいたします。

2020.8.5 暑さにもめげずKOTETSUギャラリーでアペリティフタイムです。
ボトルの可愛いロゼシャンパンを見つけましたので英国のWebbグラスに合わせ
フルーツアレンジです。

北海道産の甘くなった甘くなったウォーターメロンは今が旬のフルーツです。
ピアッシングのコンポートの中心部分に美味しく重ねるように盛り付けますと
テーブルが華やぎます。


2020.8.4 可憐なケーキバスケットに焼き菓子をアレンジ、フレッシュな葡萄をアレンジ
してみました。。
暑さの厳しい頃には軽やかなセッティングで午後のお茶にしませんか。

バスケットの縁取りとハンドルを薔薇のブーケ紋様&リボンモチーフで飾った
シェフィールド1924年WilliamHutton&SonsLtdのケーキバスケット。

フット装飾の軽やかな細工がチャームポイントです。

2020.8.3

ロンドン1840年CharlesFoxUのお花摘みティーサーヴィスセットで午後のお茶
いただきませんか。
ボディ飾りにもスクロールモチーフに合わせた薔薇紋様で飾られたティーポット。
シュガーボウル&ミルクジャグも同様に飾られています。

ティーポットポットを支えるロカイユ紋様をベースにくるりとシェルをポイントにした脚細工
その全体を支えるスクロール重ねのエレガント装飾が目に留まります。
ストッパー部分をアカンサスの葉で飾られたスクロール重ねのハンドルがとても持ちやすい
ハンドル細工です。

2020.8.1 英国古陶磁器のデザートセルヴィスセットで午後のティータイムです。
キャビネットプレートとして飾られていたのでしょう。
イングリッシュローズやモーニンググローリーにバイオレット・忘れな草や様々な
色合いのチューリップ を一枚一枚、窓紋様にも描いています。
縁取りの立体的なシェルロカイユに金彩飾りに光が反射しティーテーブルを眩しい
輝きに包まれています。

2020.7.30 夏の主菓子を引き立たせる涼やかなピアッシングのディッシュです。
白いんげんの餡に朝顔を見立てた愛らしいお菓子で午後のお茶の時間です。

バードをモチーフに描いたブリティッシュグラスに爽やかな冷煎茶を一煎
お召し上がりください。

2020.7.29 コールポートの12名用のデザートセルヴィスセットとしてオーダーされたことを
想像させるフルセット。
その中からデザートプレート6枚&スクエアディッシュ2枚&ラウンドディッシュ2枚と
コンポートのセットにてご紹介予定です


イングリッシュローズの描きはもちろんのこと、縁取りの立体的に仕上げたシェルロカイユ
見事です。

2020.7.28

イングリッシュガーデンに佇む気分です。
イングリッシュローズを中心に様々なガーデンフラワーを一筆一筆、艶やかな花の表情を
丁寧に描かれています。

一枚一枚異なるブーケ紋様で描かれたコールポート窯のデザートセルヴィスセット。
ただ今、ギャラリー虎徹の店内がお花畑です。

2020.7.27 グラスデザートに合わせたいデザート・プチスプーンを見つけませんか。
フレンチシルバーC.1850年のヴェルメイユを施したボウルをシャープに
仕上げたスプーン
はアイスクリームからフルーツセリーなど
口触りがよく、グラスにも相性の良いスプーンです。

金彩エナメル彩のBaccaratのワイングラスに合わせたいプチスプーン。
ロンドン1893年Wakely&Wheelerのアイスクリームスプーンもバランス良く
合わせられます。

2020.7.25 エンジェルが戯れる様子をトングのつまみに愛らしく描いたケーキトングで
お茶しませんか。

ドイツ銀のハンドルがしっかりスムーズに使える嬉しいお茶道具。
トングの摘み部分がまっすくソフトに摘まめる先端はスィーツを優しく持ち上げられる
取りやすい エンジェルトングでソフトにスコーンをどうぞ。

2020.7.24 ローズ&フラワーブーケで飾られたコンポートでお茶の時間を華やかに
アレンジです。


縁取りを飾る大輪の薔薇&薔薇&薔薇の蕾にコンポートの中央はフラット鏡面
仕上げになっていますので、その縁取りを飾る薔薇の透かし紋様をお披露目したり
隠したりとアプリコットケーキとカットフルーツで盛り付けしてみました。
台座も程よい透かし紋様がアクセントになり、テーブルの上にもティートレーの上でも
美しく輝いています。

2020.7.23 シャンパングラスで冷たいデザートをアレンジしませんか。
モーゼルのフルートグラスは程よい立ち上がりがすっきり美しいスタイル
です。
縦長グラスに マスカットゼリーが爽やかに目を楽しませてくれます。
グラスと一緒に縁取り華やかなサルヴァを合わせますとテーブルに置かれたときの
光のマジックを演出いただけます。


ラリックのシャンパンクープはフルーツコンポートのアレンジに最適です。
暑さを凌ぐ涼やかデザートタイムにお試しください。

2020.7.22 薔薇のオブジェで縁取られたロンドン1903年のコンポートを眺めながら
あれこれイメージを膨らませています。
ディッシュ立ち上がり部分をエングレーヴィング&透かし紋様で飾られた薔薇の花々
さらに縁取りにも大輪の花開く薔薇から、小さな蕾の薔薇を並べ、台座の縁取りにも
リーフガーランドを丁寧に飾られています。

フット細工&縁取りをシェルロカイユ紋様で飾られたロンドン1863年のサルヴァです。
直径255mmのサルヴァに似合うスィーツアレンジ、もしくはマイ・ティーポットスタンドに
合わせていただけます。

2020.7.20 蒸し蒸し感が落ち着くと、週末から連日?真夏日の札幌です。
ギャラリーの窓側で撮影していますとスィーツも暑さで形が崩れ?大忙しです。

葡萄の透かし紋様に美味しい葡萄をポイントごとに盛り上げたシェフィールド1911年の
スクエアディッシュ。

ディッシュの鏡面仕上げは不思議なマジック効果をもたらし盛り付けが引き立ちます。
台座を支えるフットの高さが自然に目に飛び込ませボリューム感を引き立たせるディッシュです。

2020.7.18 庭のラベンダーが可愛らしい花を開きました。
DowntonAbbey『COCKTAILBOOK』に紹介されているカクテルに挑戦?
シャンパングラスにウォッカベースをアレンジしラベンダーとフレッシュミントで
飾ってみました。


サイドテーブルにはダイヤモンドシェープのトレーにグラスを並べグリーンアレンジ
の完成です。

薔薇のティーナプキンスタンドに小ぶりのカクテルナプキンを添えてセッティング完了
です。

2020.7.17 ベビーピンクのふわふわローズをコンポートにコロニアルブーケアレンジです。
花嫁さんのブーケのように上品で美味しそうな?色合いです。

中心部分が程よく凹んだ構造のコンポート、花びらを濡らさぬ程度に水を張りますと
フラワーアレンジにも活躍するコンポートです


2020.7.15

気温が高くなると冷たいカットフルーツの出番が多くなります。
程よい甘さと口触りのよいマンゴー&オレンジ&マスクメロンを食べやすく
カットしお洒落な台座にピアッシングを施した深みを持たせたシェフィールド1922年
Walker&Hallのコンポートにフルーツアレンジで午後のお茶の時間です。


カットフルーツにもお使い頂きたいフレンチシルバーにヴェルメイユを施した先端尖り
スタイルのティースプーンでマンゴーをいただきます。


2020.7.14

花かごシェープのふりふりケーキバスケットにひんやりクール便で頂戴した
ブルーベリーバックルを合わせます。
その上にフレッシュなブルーベリーをコロコロ盛り付け午後のティータイムです。

透かし紋様を交互に重ねたラウンド型のシェフィールド1912年HenryAtkinの
バスケット
は中心部分から包み込むように盛り付けられます。
MartinHal&Colのケーキサーヴィングナイフ&フォークで綺麗に切り分け
お茶にしましょう。


2020.7.13 銀河庭園の“ロズビィのバラ畑”は今が旬。
様々な種類の薔薇が咲き誇っています。

通り雨が気になりなりましたが薔薇の見頃を逃してはと、ローズガーデンを
ひと回りしました。
帰りがけにクロムゾン・グローリーの花びらジャムを選びさっそく午後のクリーム
ティーです。


深紅色のクリムゾンで作られた薔薇の花びらジャム。
フレンチシルバーのまるいボウルでそーっとジャムを取り上げいただきます。

2020.7.11

お庭のフレッシュミントが元気よく育ちましたので・・・
エンジェルバローにミントシロップをたっぷり用意しました。


蒸し暑い時は紅茶にたらりとミントシロップを少々注ぎ入れ午後のティータイムを
爽やかに過ごしませんか。

ギャラリーのなかもミントの香りに包まれフレッシュな香りに包まれています。

2020.7.10 ピアッシングで飾られた優雅なドロップシェープのボウルが優雅です。
全長224mmのロングハンドルは英国古陶磁器とともに華やかさを極めるように
ゲストの方々の目に留まったシェフィールド1896年のサーヴィングスプーンです。

ボウルを飾るエングレーヴィングが光の反射でお分かりずらいかもしれませんが
縁取りの透かし紋様とともにハンドルへと繋がる美しい紋様がボウルを飾っています。

2020.7.9 蒸し暑さが続いています。
今日はカットフルーツをたっぷりのフルーツパンチを用意してキドニーシェープの
サイドテーブルにグラス類を合わせてセッティングしてみました

ティートレーは鏡のようにグラスに注ぎ入れたドリンクの色合いを鮮やかに映し出して
います。
一緒にお花尽くしのレードルorシフタースプーンを添えて盛り付け完了。
フルーツパンチで午後のお茶の時間です。

2020.7.8 キドニーシェープのサイドテーブルにお茶の道具を用意しませんか。
内側にカーブした窪み部分をティーテーブルに寄せてスィーツアレンジコーナーにしても
ティーサーヴィスセットを準備しながらサイドテーブルでティーカップに注ぎ入れることも
簡単にサーヴィス出来る空間は色々な意味で重宝なサイドテーブルです。

2020.7.7 ジョージアンの時代にオーダーされたデザートカトラリーセット。
ハンドル素材に選んだのが貴重なポーセリン、しかもジョージ王朝時代に作られた陶磁器工房を
想像するとフランスのセーヴル窯がもっともオーダーを受けた陶磁器工房と推測しました。

セーヴル窯の特徴を表すフローラルガーランド紋様と金彩の華やかなガーランド紋様を組み合わせた
優雅なデザートカトラリー。
どのようなお屋敷に伝わったカトラリーなのかしら?と当時の様子を想像しながら細かなゴールドギルドを
丁寧に丁寧に磨きあげますと今も変わらぬ輝きを放っています。

2020.7.6 ロンドン1833年ジョージアンスターリングシルバーにガーランドモチーフのポーセリン
ハンドルを合わせたデザートカトラリーセット。

ゴールドギルドを磨き直しますと、その鮮やかなハンドルとのクッション装飾からブリップを
支える円環紋様が浮き上がるように輝いています。
ガーランドで飾られたデザートプレートを合わせませんか。

2020.7.4

ヴィクトリア時代に流行した華やかなロココ調のなかから、ルイ14世スタイルをモチーフに
ハンドルを仕上げたシェフィールド1855年MartinHall&Coのサーヴィングセットです。

透かし紋様の上にエングレーヴィン彩がキラキラと輝いています。

ショップ内にしつらえたコーナーに凛とした美しいロイヤルウースターを飾ってみました。
室内でガーデンに佇む気分を味わっています。

アイボリーの色合いがLEDのスポットライトにあたり微妙な色の変化を感じますが優しい花々です。

2020.7.3 今週はしとしと雨が続きましたが、今日はようやく夏らしい陽射しです。
ホールケーキをサーヴィスするときに役立つサーヴァーセットをご紹介します。
MartinHall&Coが手掛けた全体に透かしの網紋様で仕上げたサーヴィングセット

ハンドルの緩やかなカーブがサーヴィスしやすい角度です。

グラスを重ねたエンジェルホィールバロー
つる薔薇を可愛らしくアレンジできる小ぶりなベースとして、プチメレンゲを盛りつけティー
テーブルのマスコットに合わせませんか。

2020.7.1 フルーツたっぷりのタルトをコンポートの中心にセッティング完了。
ベースのタルトの直径とコンポートの一回り大きめの底面サイズがジャストサイズで
タルトを包み込むように合わせられました。


蒸し暑い日が続くなか、フレッシュフルーツを程よくカットしゼリーでまとめフルーツタルトで
フルーツデザートカトラリーを一緒に添えて午後のお茶の時間です。

2020.6.30 いつものお茶の時間にお気に入りのディッシュに焼き菓子を添えていただきます。
変形シェープのシェフィールド1902年Maples&Coのディッシュ
を飾る美しい透かし紋様が
ティーテーブルに影絵を映し出しています。
クッキー缶から取り出し今日のおやつを並べませんか。

2020.6.29

英国貴族のお屋敷を舞台としたシーンでドローイングルームでアフタヌーンティーを
いただく場面が見られます。
ダイニングルームでのお食事の前や後で寛ぐ部屋。
サロンのようでもあり、ゲストをお迎えしお茶をサーヴィスする場所でもあるドローイングルーム。
そこで、お茶の用意をセットされる横長のサイトテーブルを目にします。
日本では場所が限られ横長のサイドテーブルは大きすぎて扱いずらいものですが左右の長さを調整可能な
ペンブロックテーブルにベンジャミンスミスのティーケトル付きティーサーヴィスセットでゆったり
お茶の用意
をしつらえてみました。
日本の住居空間に似合うサイドテーブルです。

2020.6.27 ブリティッシュグラスで涼やかドリンクタイムはいかがですか。
エジンバラクリスタルのアザミシリーズよりも口径を広めに仕上げたスコティッシュグラス
カットグラスの美しい輝きが光ります。


Webbのカメオガラスのエレガントなピッチャー。
リキュールグラスに食前酒を注ぎ入れ涼やかアペリティフタイムも爽やかです。

2020.6.24 今週は薄曇りが続いています。
太陽の陽射しが強くないのですが、連日?蒸し暑さが続いています。
そこで爽やかなデザートを探しに出かけますとカクテル・オ・フリュイがとてもフレッシュ。
さっそくコンフィチュリエに静かに盛り付けロブマイヤーのマリアテレジアシリーズの
ドリンキンググラスで午後のフルーツデザートタイムです。


北海道の小さな苺とマンゴーが美味しい。
デザートカトラリーはフレンチのアイスクリームスプーンを添えて
ころころ動き回るカットフルーツを 程よく口元へと運び入れる素晴らしい構造です。

2020.6.23 オレンジピールをペーストに焼き上げたケーキにオレンジのブランディーシロップが
たっぷり含められたケークオランジェをいただきましたので、トレーは何が似合う?と
あれこれ悩みましたが・・・
サイズ感やフラット面の大きさなど小ぶりで持ち上げる時の左右のハンドルが
持ちやすいロンドン1803年のジョージアントレーがぴったりです。

ケーキを切り分けるサーヴィングナイフ&フォークはMartinHall&Coのロングサイズ
トレーに合わせました。
ピアッシングで飾られたディッシュも商品画像を撮り終えましたらご紹介します。

2020.6.22 お茶の時間に役立つ“ふんわりラウンド状に広がるケーキバスケット”をご紹介します。
きらきら輝くビーズ紋様が真珠の首飾りのようです。
スイングするハンドルもリーフ&愛らしい小花がボーダーのように飾りハンドルの動きを調整
しながら盛り付けられます。
中心の直径15pほどのフラット面にラウンドケーキやフロランタンを盛りつけお茶にしませんか。

2020.6.20 LALIQUEの麦をモチーフにした涼やかなグラスプレート。
フレンチシルバーのアイスクリームサーヴァー&アイスクリームスプーンとともに
涼やかなデザートタイムを過ごしませんか。
フレッシュミントやフルーツを添えて爽やかな午後のお茶の時間です。

2020.6.19 フリルの角度がそれぞれに味わいのあるヴァセリングラスのボウル&ソーサー。
微妙な色合いや特徴あるベストカップルをペアセットでご紹介します。


いつでもどこでも手軽に持ち運べるサイドテーブル
ティートレーに揃えたお茶道具を手軽にセットできるキドニースタイルのサイドテーブルは
ダイニングテーブルにもティーテーブルにも動線が広がります。
内側にカーブしたキドニーシェープはテーブルに沿いサーヴィスに役立ちます。

2020.6.18 ローズティーでお茶にしませんか。
ハンドルからバスケット&フット部分をお花尽くしで飾られたケーキバスケット
お庭のミニローズを小さなブーケに仕上げ花かごアレンジにされても
ローズメレンゲや薔薇のプチフールを盛りつけ午後のティータイムです。

一緒に合わせましたヴィクトリアスターリングシルバーのルイスタイルの
ティーサーヴィスセット。
太陽神と言われたルイ14世の姿でもある鷲
をモチーフにした注ぎ口から
ローズティーが香り立ちます。

2020.6.17

フルーツサンドイッチでアフタヌーンティータイムです。
札幌も薔薇が満開に咲き誇る頃になりました。
大輪の芍薬も蕾の状態ですとグラスバスケットに小さくまとめてアレンジのベースに
程よいサイズです。
コンポートに盛りつけたフルーツサンドイッチをしっかりとソフトに摘まめるトングには
大ぶりサイズのケーキトングが優しくサンドイッチをサーブできます。

2020.6.15 GeorgeUniteのソルトスプーンをお気に入りのソルトセラーに合わせませんか。
程よいサイズのソルトスプーンを探していますがボリューム感など
使いやすいサイズ・重量等を合わせるのがチェックポイント。
手塩皿にもシェルディッシュにも程よいサイズのスプーンです。

マザーオブパールハンドルにゴールドギルドで覆いボリューム感をより華やかに
仕上げたサーヴィングスプーン。

スィーツ&フルーツでポーセリン遊びをしませんか。

2020.6.13 ブリティッシュグラスのピッチャーにフレッシュミントを入れて
お手軽 ミントウォーターはいかがですか。

暑さ対策の水分補給に一息、爽やかなドリンクです。
ピッチャーとお揃いのグラスもございますので一緒にご紹介します。

2020.6.12

各地で梅雨入りが・・・・
札幌は蒸し暑さとともに、いつの間にか太陽の陽射しが強くなってきました。
いよいよ北国の夏の始まりです。

夏花をイメージした主菓子にバーナードのコーヒーポットで冷煎茶を見立てました。
ロブマイヤーのグラスプレートは夏花を引き立ててくれます。
フレンチシルバーのプチディジュネサーバーでそーっと優しく取り上げてください。

2020.6.11 昨日から突然、蒸し暑くなりました。
息苦しいなかでも爽やかに過ごす「涼やかなテーブル」をあれこれおススメします。
ヴァセリングラスのボウル&ソーサー
を取り出しフレッシュミントを浮かべたり
アイスクリームスプーンを添えて北海道の美味しいアイスをたっぷりいかがですか?
乳製品のなかでおススメのフレッシュミルクで作られたアイスクリームが一味もひた味も
美味しいです。

目で楽しむ涼やかさにリッジウエイの薔薇のデザートプレートです。
爽やかなグリーンに金彩紋様で飾られたプレートにプチフールを添えてティータイムです。

2020.6.9 気温の変化に応じてお茶の用意もいろいろと組み合わせています。
新茶で和菓子からフルーツでティータイム。
さらに冷たいお茶でタイムへとシルバーからポーセリン。
シルバーとグラスが似合う頃になってきました。

ヴァセリングラスのボウル&ソーサーもふりふりボウルに乳白色のグラディーションが
涼し気で美しいです。
ペアセットで紹介画像を作っていますのでご覧くださいませ。

2020.6.6 初夏を楽しむ涼やかなテーブルセッティングを演出しませんか。
縁取りの繊細な透かし紋様が艶やかな白磁に重ねた金彩が浮き上がるような
ベルリンKPMのデザートプレートセット
ピアッシングで飾られたコンポートに青葉を飾った和菓子を合わせ新茶で
お茶の時間です。

2020.6.5 ギリシャ神話の女神が持ち運ぶ水瓶のようです。
緩やかにカーブした弓なりシェープの軽やかなハンドル。
Walter&JohnBarnardが手掛けたネオクラシカルスタイルの優雅さを引き出した
ティーサーヴィスセット
で涼やかティータイムコーナーを作りました。

涼やかさを演出するならばグラスベースにピアッシングで仕上げたバターディッシュを
お気に入りのスィーツ入れに午後のお茶の時間
です。

2020.6.4 ティーカップ&ソーサーの組み合わせに悩むことなく、小花尽くしの立体的な
金彩スクロール紋様に縁取られた楚々としたティーセッティングを飾れる
英国陶磁器のデザートサーヴィスセットです。

ホワイト&ロカイユ紋様のゴールド彩に映えるエレガント・デザートタイム
イメージしませんか。

2020.6.3 お花尽くしで飾られたバスケットにコロコロとまるいプチフールを盛りつけお茶の時間です。
小さなプチフールを取り分ける時に役立つのがストロベリーサーヴァー
円形のサーヴァーボウルがバスケットで遊回るプチフールをスマートにサーヴできます。

刻印が数年違いますが、同じ工房&同じデザインのお花尽くしのバスケットがございます。
ティーテーブルにペアセットをシンメトリーセッティングされるのもオシャレ
です。

2020.6.2 サルヴァにビターの効いたショコラケーキを並べ陽だまりの午後のティータイムです。
ふんわり焼きあがった生地をマザーオブパールハンドルのケーキナイフ
さくさくと切り分けます。
ボリュームたっぷりのマザーオブパールハンドルを手にしますと、 ひんやり涼やかな
感触がとても心地よく感じます。

バロック調のモチーフで飾られたサルヴァバロック調のティーサーヴィスセット
合わせクラシカルなロココスタイル・アフタヌーンティーです。

2020.6.1

昨日から急に暑くなった札幌です。
北海道らしい季節の変化ですが、冬から夏へと変わる気温差に思わず冷たいドリンクを
あれこれイメージしています。

台座部分を膨らませたイニシャル入りのグラス
ボーダー紋様のエングレーヴィンぐがフット部分へと美しく飾られています。
暑さにめげずにマイグラスとしていかがでしょうか。

美しいシェープのタンブラー。
真珠の首飾りを思わせる美しいモチーフがロブマイヤーにもモーゼルにもみられる
華麗なグラスです。
微妙な窪みに、知らず知らずのうちに指がフィットする優しいフォームです。

2020.5.31 二人でお茶を頂くコーナーに似合うスクエアテーブルです。
サイドテーブルとしてもコーナーをしつらうポイントとしても程良く利用できるテーブルです。

昨日から気温が高くなった札幌です。
涼やかさを演出するばらば、クロスを掛けずマホガニーの艶やかさを引き立て、ティートレーに
お茶の準備を用意して爽やかセッティングがおすすめです。


2020.5.29

数日前のInstagramにレモネードを注ぎ入れた色合いがとても爽やかに浮き
上がりました

これからの季節、アフタヌーンティーにレモネードを合わせられるのも涼やかです。
イギリスのグラス工房ウエッブのシャパングラスを飾るワイルドローズがグラスを可憐に
飾っています。
二人でシャンパン・アフタヌーンティータイムにいかがですか。

2020.5.28

マイセン・インドの華シリーズからディナープレートとヴェルメイユを施した
フレンチシルバーのデザートナイフが華やぎます。
フルーツデザートをアレンジされるにはディナープレートが盛り付けを綺麗に
引き立てます。

お洋服に靴を合わせるように、ティーカップ&ソーサーにも気分をかえてティースプーン
アレンジです。

ティーカップを縁取る金彩エナメルにも、テーブルカトラリーをシルバーで統一されますと
涼やかなセッティングに。
ゴールドとシルバーの色合わせもボリューム感を考えながらシーズンごとに
お好きなコーディネートに挑戦しませんか。

2020.5.26 アフターヌーンティーにぴったりのティーカップ&ソーサーと一緒に揃えられた
17cmほどのケーキプレート
一緒に合わせたカトラリーはケーキプレートにバランス良く合わせられる
マザーオブパールハンドルのカトラリーです。

ナイフのサイズが188mmとアフタヌーンティータイムのフィンガーフードに似合います。

デザートカトラリーをシルバーで合わせるならばティーカップに添える
ティースプーンもスターリングシルバーで。
ポーセリンを縁取る金彩とシルバーで揃えたカトラリーが互いに調和&統一される
バランスの良いカラーコーディネートです。

2020.5.25

フレンチシルバーファーストのデザートカトラリーで涼やかセッティング。
シャープなナイフブレードにマザーオブパールハンドルの輝きが爽やかな光を放ち
冷たいデザートアレンジに添えるクールなカトラリーとしてお試しいただけます。
テーブルを印象付ける陶磁器と一緒に四季折々の季節感を加えられるテーブルカトラリー
を組み合わせませんか。

2020.5.23 清風香る頃。
涼やかな和菓子にエナメルのティーナイフを添えお茶の時間です。
テーブルにしつらうグラスプレートからドリンク用のグラスが似合う季節になりました。

ワインジャグに冷煎茶をいれ、フリッツヘッカーのエナメルグラスに注ぎ入れ
爽やかな午後のお茶の時間です。

2020.5.21 花かごケーキトングを添えて、お茶の時間です。
札幌の薔薇の開花はまだまだですが、それまでテーブルを薔薇尽くしで飾ります。
ケーキトングもお花のように華やかです。

2020.5.16 焼き菓子のお取り寄せも冷蔵配達の季節になりました。
ひんやりクール便に包まれ到着です。

サルヴァの上に合わせたマロングラッセケーク。
切り分けに程よいサーヴィングケーキナイフ&フォークを何種類か取り出し
全体の長さからハンドルのボリューム感を比べること・・・・・
サルヴァのサイズに合わせるならばハンドルとのバランスを考え合わせてみました。


切り分けた後はケーキトングの登場。
しっかりとバウンドケーキ支えるトングの先端がポイントです。
花かご紋様に蔓草飾りを大胆に飾った先端が大き目のケーキトング。

摘む幅も十分にふんわりとサーブできるケーキトングはいかがですか。

2020.5.15 静かな輝きに包まれたマザーオブパールハンドルが涼しげにも清楚にもティーテーブルを
飾っています。
ブレード&フォークにハンドルのトップをシルバーで合わせたフレンチシルバーファーストの
デザートカトラリー6名セットをご紹介します。


一緒に合わせました初代トーマス・ミントンによるベルリンの薔薇が実に優雅に咲き誇るプレート
とっても美しいです。

2020.5.13 愛らしいお花がいっぱいに飾られたアンティークティーカップを飾る忘れな草
一緒に忘れな草をトップに飾ったティースプーンを合わせました。
ほんの少し、お茶の時間に愉しみたいお花遊びです。

2020.5.12

宝石のようなカトラリーをお茶の時間に添えませんか。
バーミンガム1898年工房Deakin&FrancisLtdとともに輸入刻印が記されていますので
ノルウエイシルバーのエナメル彩の得意な工房にオーダーし販売したと推測されます。

トルコブルーに浮き上がるアラベスク紋様と白いエナメルジュール飾りに
目を楽しませる華やかなカトラリーです。
小ぶりのティーナイフにも、おしゃれなバターナイフとしても指先の動きを美しく煌めかせて
くれます。

2020.5.11

スィーツのお取り寄せに走って?います。
自粛要請期間中でもパティスリーさんの味わいを楽しみたく札幌との距離感&配送条件にも
めげずに焼き菓子に限定しながら撮影と言い訳しつつも「幸せなスィーツタイム」です。

シェフィールド1852年HenryWilkinson&Coのラウンドトップのデザートカトラリーセット。
焼き地の厚いタルト系よりもソフトに焼き上げたバウンドケーキがシャープに切り分けられ
4本刃のフォークが口元へと優しく運び入れられ、ふんわり美味しくいただけるデザートカトラリーです。

2020.5.9 まるで姉妹のようなアザミのティーストレーナーケーキサーヴァー
お花のモチーフを揃えテーブルをイメージアップされるのもお茶の時間の愉しみです。
どちらもフレンチシルバーファースト(950銀)のヴェルメイユ&シルバーの
色合わせに役立ちます。
ハンドルを飾るアザミのナチュラルな姿を表面&裏面に飾っています。

2020.5.8

たっぷり紅茶を注ぎ入れられる大き目のマイセンのティーカップ
先端のブルボン王朝を象徴するユリの花飾りがフックになったフレンチシルバーの
ティーストレーナー

ボウルから持ち手部分までアザミの花モチーフで飾られたティーストレーナーを
ティーテーブルに加え、おうちでお花尽くしのティータイムを過ごしています。

2020.5.7 おうちでランチタイムにぴったりのテーブルカトラリーです。
マザーオブパールハンドルを合わせたフィッシュナイフ&フォークでサーモンやフロマージュ

合わせたランチメニューに食べやすいテーブルカトラリーです。
幅広のナイフブレードは切り分けもお口に運び込む動作もスマートです。

リボン&ローズガーランドのボウルはブレッドバスケットにも合わせられます。
テーブルを涼し気なセッティングにイメージチェンジ

内側に重ねられたブルーグラスを外し、ジョージアンに作られたワイヤーワークスを引き立てる
台座からボウル部分を美しく引き立てる用い方です。
ランチタイムのもりもりブレッドバスケットを美味しく盛りつけられます。

2020.5.5 フルーツデザートや焼き地のしっかりとしたパイやタルトをストレスを感じることなく
切れ味良く召し上がれるデザートカトラリーセットをご紹介します。

ナイフブレードのシャープな先端と全体に強度をもたせたデザートナイフはサクサクと
何層にも重ねたパイ生地を切り分けられます。
なにより虹色のマザーオブパールハンドルはレディの指に優しく持ちやすいボリューム感です。

2020.5.2 窯が違えども、小さくても一つ一つ存在感のある片手ハンドルのジャグ。
Ceramicページに6種類を並べてみました。

折敷に合わせても、スマートに凛とした姿は和食器にしっくりと馴染みます。
気ままな器遊びにトライしてみませんか。
白磁の艶出しも絵付けの色合いから花の描きも全く窯により異なりますがハンドルを
持ち上げた時の愛らしい仕草からお似合いの場面を想像してください。

2020.5.1 小ぶりのミルクジャグの活用方法をイメージしてみませんか。
ドレスデンフラワーを描いた樽型シェープロイヤルウースターのブラッシュアイボリー地に
浮き上がるイングリッシュガーデンフラワー
とそれぞれのハンドルポイントも並べてみますと
それぞれに面白いデザインです。

2020.4.30 紅茶とともにミルクを添えてティータイム。
お料理にはソースにもドレッシングにも合わせたいミルクジャグを色々ご紹介します。

ドリンクサーヴィスにも一つあると重宝なジャグです。
マイセンのブルーオニオンシリーズ・ブルーフラワーシリーズ。
ロイヤルウースターの愛らしいガーデンフラワーもドレスデンのフラワーアレンジで
テーブルに花を添えませんか。

2020.4.28 暦のうえでは明日から連休の始まりとなりますが。。。
もう少し外出をひかえ、ティータイムにおすすめティーテーブルティーセットを
準備しながらお茶の時間です。

お取り寄せクッキー缶はお茶のお供に日々愉しめる焼き菓子です。
英国古陶磁器の花紋様を眺めてガーデンティータイム気分
です。

2020.4.27 ノルウエイシルバーの工房DavidAndersenの美しい細工をご覧ください。
シュガースプーン&シュガートングを飾るギロッシュエナメル、後にジュエリー専門の工房となったDavidAndersen
工芸品としてはプリカジュールとともに幻のエナメル細工です。
しかもテーブルカトラリー等で手にできるのはアンティークシルバーのみです。
ロシアのファベルジュや明治の七宝職人にも通じる美的センスを極めた職人芸です。

2020.4.25 ジュエリーのようなエナメルスプーン
ノルウエイシルバーのエナメル工房で最も称賛されたDavid氏が携わった白いエナメル細工の
サーヴィングスプーン
で ストロベリーのとりわけに合わせました。

ちなみに透かしのコンポートはロイヤルコペンです。
ロイヤルコペンの透かし細工はお得意の技術ですが、金彩で縁取られた珍しいスタイルです。

2020.4.23 マイセンの柿右衛門写しのティーカップでお濃茶をいただきませんか。
お茶を点てますと可愛らしいです。
お抹茶のお茶碗でシャカシャカとはいかず、 お薄?がティーカップの色合いに
似合いそうです。

そこで閃いたのが茶筅を動かせないならば、フレンチシルバーのマイ・コーヒーポットに
用意しマイティータイムです。

お茶の種類に応じて器とポットも一緒に合わせませんか。

2020.4.22 おうちカフェタイムにマイセンのリトルフラワーブーケ紋様のカップ&ソーサーで
玉露ティータイムはいかがですか。

緑茶は鎮静作用はもちろん、不安や緊張を和らげ免疫力アップにもおすすめです。
小ぶりのシルバーのティーポットで和菓子とともに玉露をゆるりと味わうひと時。
和魂洋才のしつらいで落ち着かない気持ちを少しだけ静めて過ごしたいです。

2020.4.21 リボンモチーフのソルトスプーンを揃えたグラスのペア・ソルトディッシュ。
リボン&フローラルガーランドで飾られたドイツ800銀にゴールドギルドを施した
ペアソルトディッシュ
をテーブルのマスコットに加えませんか。

手塩皿かわりに、山椒や粗塩などなど
お料理に一つまみ、おうち時間を遊び心で過ごしたいです。
お茶に合わせ和三盆をコロコロとお茶のおともに可愛らしくアレンジできます。

2020.4.20 フレンチシルバーのオイスターフォークをより身近なテーブルカトラリーとしてお茶の時間に
合わせませんか。
オイスターを召し上がる時に限らず重宝なフォークです。
丸みを帯びたデザインと刃先の包み込むように仕上げたフォークはやわらかい牡蛎を
取り上げるだけではなく、ソフトに口元へ運び入れたいバウンドケーキや崩れやすい焼き菓子を
食べやすく美味しくいただけます。
指先に感じるハンドルの重厚感など、お試ししていただきたいオイスターフォークです。

2020.4.18 ティーテーブルを小花尽くしで飾ってみました。
金彩ボーダーで縁取られた小花尽くしが華やかなマイセンのディナープレート。
お揃いのコーヒーカップ&ソーサーを本日の簡単デザート“カットフルーツデザート”を盛りつけ
ヴェルメイユを施したアイスクリームスプーンを添えます。

アイスクリームスプーンひとつとってもボウルのデザインが「まるいタイプから先端が尖がりタイプや
縦長スタイルとそれぞれ美しい意匠細工のスプーンを目にします。
どのデザインも煌めく華やかなプチ・デザートスプーンです。
おうちで楽しむ普段のデザートに合わせたいアイスクリームスプーンです。

2020.4.15

フレンチシルバーファーストのストロベリーサーヴァーです。
アールヌーヴォー調のフローラル装飾で飾られたハンドルにストロベリーを描いた
サーヴァーをフルーツデザートタイムに!

植物がいつもと変わらず日々芽吹く様子を目にしていると感染症への緊張感も
少しほどけます。
ご近所のスーパーに並ぶフルーツにも、季節のうつろいがはっきりと感じ取られるように
なりました。
食を愉しんだフランス人が手掛けたフレンチシルバーのサーヴィングにはそれぞれのお料理の
種類や果物の種類にあわせた美しいサーヴィングを目にします。
アールヌーヴォー調のフローラル装飾で飾られたハンドルにストロベリーを描いた
ストロベリーサーヴィングボウル
一つ一つの用途に合わせたサーヴィングカトラリーで丁寧に時間を過ごせる時かも
しれません。


2020.4.11 ロブマイヤーのグラスコンポートに似合うプチデザートを探しに出かけられず
スタイリッシュなスタイルにプチティースプーンを重ねました。
グラスもスプーンも美しいです。

コールポートのデザートプレートビーズで縁取られたデザートカトラリー
添えデザートタイムを過ごした気分?です。
札幌も週末は人混みを避けkotetsuに引きこもりです。

2020.4.10 シェルを模ったボウルにピアッシングで飾られたハンドルトップのティースプーン
筋紋様にビーズ紋様を重ねたボウルはにプチデザートスプーンに程よい大きさです。

マザーオブパールハンドルにエングレーヴィング&ブライトカットを施したバターナイフ
Hilliard&Thomasonの繊細な手仕事をご覧ください。


2020.4.8

ヴィクトリアンスターリングシルバーのシュガーニップスは遊び心の極み?
ロンドン1894年SamuelJacobの可愛いニップスです。

シュガーをサーブする為のシュガートングやシュガーニップスはアンティークシルバーの
可愛いアイテムのひとつです。
ばね式でシュガーを挟むタイプのシュガートング、ハサミのように指を掛けシュガーを挟むのが
シュガーニップス。
ジョージアンスターリングシルバーのシュガーニップスは持ち上げる細工が繊細です。
ジョージジャンセンのように指を掛ける部分が無く、クロスするばね式構造もあります。
お砂糖を取り分ける道具ひとつとっても多彩な構造をお手にしていただけます。

右画像のハンドルはフレンチシルバーのメゾンピュイフォルカEmilePuiforcatが手掛けた
ストロベリーのサーヴィング用にオーダーされたスプーンです。

シルバーにヴェルメイユで仕上げたファンシーなFerrure(アイアンワーク)パターン
グレープシザーズと同じハンドル装飾をご覧ください。


今まで以上に意識を高め感染を広げない対策が発表されました。
4月末にKOTETSUの素敵なゲスト様からお誘いを受けておりましたが最悪のシナリオとならないように
日を改めてお迎えくださいます時をお待ちすることにしました。
ゲスト様には年明けから準備万端整えていただきましたのに。。。。
お伺いできます時まで感染予防に備えて参りましょう。
札幌市内は2月からはじまりました自粛要請から粛々と静かに過ごしています。
これ以上の感染拡大となりませぬように自分自身も予防に気を付けコツコツとご紹介してまいりますので
どうぞお付き合いくださいませ。

2020.4.6

お家でティータイム。
紅茶を注ぎ入れる瞬間、思わず見入ってしまう繊細な透かしのモチーフ。
薔薇で飾られたフレンチシルバーファーストのティーストレーナーです。

薔薇のガーランドに相応しいティーカップに合わせ、紅茶を注ぎ入れる時
琥珀色の雫のなかに浮き上がってくる風にたなびく小枝や葉はマジックのような 一瞬です。

フレンチシルバーのメゾンピュイフォルカEmilePuiforcatが手掛けたグレープシザーズ
シルバーとヴェルメイユで仕上げたファンシーなFerrure(アイアンワーク)パターンに
指を掛けるハンドルの優しい細工が優美です。

刃先のシャープさがグレープの房を軽く抑えるだけで葡萄を一粒&一粒はずせ
実にエレガントなしぐさです。


2020.4.4 お家でティータイム。
ゆるりと時間を過ごしたいとき、ティーカップにそーっと合わせたいティーストレーナーです。
ドイツ800銀のスタンド付きのティーストレーナーはお茶を注ぎ入れた余韻を味わえるひと時に
おススメのスタンド付きティーストレーナーです。


2020.4.3 ようやく!
ポカポカと陽だまりの出来るコーナーで気持ちの良い太陽の光に包まれています。
ダイヤモンドシェープトレーのイメージにあったセッティングが出来ず、あれこれと模索しながら
フローラダニカのフルーツボウルを4個並べられるサイズ感をご紹介できました。
敢えて3個を並べ、サーヴィングカトラリーを一緒にセッティングしてみました。

ハンドルの立ち上がりや縁取りからハンドルの持ち上げ部分までビーズ紋様で飾られたおしゃれな
ロンドン1874年Lambert&Coの美しいトレー
です。