当ウェブの更新情報や新着情報はこちらに随時追加していきますので、どうぞこちらをチェックしてから各ページをご覧下さい。また催事出展情報・店舗企画などもこちらでお知らせいたします。

2022.9.29 お茶の時間を特別にしつらえる気持ちは煎茶道にも英国のアフタ
ヌーンティーにも共通する部分がみられます。

共にお茶を愉しむ気持ちに国境はございません。
日本でも英国でもお茶を愉しむ人々のキーポイントかもしれません。

お茶を淹れる仕草で大切なことは茶葉の取扱い方でしょうか。
紅茶でもお煎茶でも特別な茶入れに収納し、そこから厳かに茶葉をはかる
そのお点前を引き立てるティーキャディとキャディスプーンに人々の視線を
注目させる演出に欠かせない高貴なサルヴァを合わせお茶の時間を
演出してみませんか。
ロンドン1896年WilliamHutton&SonsLtdの程よいサイズと横から
眺める視線を楽しませフット装飾が手仕事の美しさを感じ
させます。


2022.9.28 ヴィクトリア時代に流行したトリオを並べ器遊びをしませんか。
ティートレーに整然と並べるのも美しいセッティングですが
ほんの少し遊び心で互い違いにティーキャディ&キャディスプーンを
トップにミルクジャグ、さらに秋色のフルーツを盛り付け
ミントン窯のティーカップ&コーヒーカップにソーサー1枚を共用させる
合理的なお茶の道具でティータイムの準備です。

2022.9.27 チュールレースを引き立てるティーセッティングでいつものお茶の
時間がリフレッシュされます。

テーブルクロスの色重ねひとつでナチュラルレースが浮き上がるような
組み合わせを演出しませんか。
秋色にまとめるには暑苦しい頃、爽やかなミントグリーンのテーブル
クロスと真っ白なポワンドローズが程よい透け感を引き出します。
ピンクの薔薇と金彩ジュールとの調和で目を楽しませてくれます。

中心にリネンと回りにレースを組み合わせたスクエアレース。
四隅を飾るバードの盛り上がりに綿を詰め込み羽根の部分を
リアルに表現したレースです。
お一人様のお茶時間にティーマット代わりに広げますと
ふっと気持ちを静かに落ち着かせるリラックス効果が抜群ですので
是非、お試しください。
バードモチーフのレースにはバードの蓋摘まみのティーサーヴィスセットを
お一人様のお茶のセットでもティーカップ&ソーサーに合わせて
ティーセッティングです。

2022.9.26 真っ白なポワンド・ローズのレースで薔薇尽くしのお茶時間です。
テーブルクロスの色合いがレースの薔薇を浮き上がらせています。
薔薇尽くしのスターリングシルバーのティータイムセットに
薔薇のケーキバスケットにはガトーショコラをアレンジ。
エリザベス女王御成婚10年を記念し製作された1957年製の
ロイヤルピンクストン・ロムバーディー特別ヴァージョンを
合わせて午後のお茶時間です。

2022.9.24 ポワン・ド・ローズのラウンドレースに合わせティータイムを
しつらえました。

フット付きティートレーにティーサーヴィスセットをセッティング
スィーツを取り上げる薔薇のケーキトングを添えてローズティーに
しましょうか。
週末にかけて台風の進路が気になりましたが薄曇りの過ごしやすい
気温になりました。

2022.9.23 マイセンの薔薇のアプリケットディッシュ&バスケットに添えて
いただきたい薔薇のケーキトングです。


エンジェルが戯れる様子をハンドル
に模りサーバーで取り上げた
スィーツをソフトに抑えてくれるケーキトング
左右に広がる薔薇のガーランドで飾られた左右のトングでソフトに
取り上げハンドル部分にも薔薇をポイント飾りにした横長サイズの
ケーキトングをご紹介します。


2022.9.21 アンティークレースの手仕事が映えるテーブルクロスから
スクエアレース&ラウンドレースでティータイムセッティングです。

数名から二人でもお一人でもアンティークレースの見事な
刺繍や手編みレースがティーセットを引き立てます。
いつものお茶の時間をフレッシュなときめきの時間にしませんか。

2022.9.20

小花紋様のアンティークレースをテーブルに広げ英国流の午後の
お茶時間です。

薔薇の花々で縁取られたケーキバスケットにスコーンを盛り付け
気持ちを切り替えリフレッシュできるお茶の時間
お茶に招かれたいと誰しもが思うティーセレモニーにお出かけしませんか。
大阪のS.*StyleTeaことSmitty先生のスペシャル
お茶会を今年も11月に準備しています。
どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいませ。


2022.9.19

実りの秋のデザートタイムは華やかです。
ベルリンKPMのフルーツプレート
葡萄の蔓パターンハンドルElkington&Co.Ltdの
デザートカトラリーを添えてみます。

世界中の方々が厳かにエリザベス女王を見送られる日を
長い歴史のなかで受け継がれ続けた英国銀器で
セッティングしました。

2022.9.17 フィンランドシルバーからドイツ銀などなど
ティータイムに愉しく美しいシーンをセッティングする光輝く
アンティークシルバーでお茶の時間です。


週末にかけて横断する猛威をふるう台風に備え
ほっと一息ティータイムをお過ごしください。
札幌は朝から異常な蒸し暑さ?です。

2022.9.16 二連薔薇のピンクローズとともにイエローローズも華やかです。
アンティークレースクロスの上に並べますと二連薔薇がにこやかに
微笑みかけてくれます。
ティーカップ&ソーサーと一緒に合わせましたデザートプレートは
直径サイズが200mmとロングハンドルのデザートカトラリーに
似合うボリューム感です。

直径153mmほどのケーキプレートではデザートカトラリーのサイズが
合わずフィンガーフードに最適なプレートですがデザートプレートサイズは
様々なデザートタイムに合わせていただけます。

2022.9.15 秋めく午後のお茶時間に黄金色の薔薇のティータイムセットは
いかがでしょうか。

黄色の二連薔薇をティーカップの内側&ソーサーとケーキ皿の
まわりをぐるりと艶やかに表情豊かに描いたGrosvenor窯の
イングランドの薔薇でお茶会しませんか。


お茶の時間に添えていただきたいプチフール。
ジョージアンスターリングシルバーのシュガートングが活躍します。
ロングハンドルを飾るブライトかットがキラキラと輝いています。

2022.9.14 お茶の時間に活躍するアンティークシルバー色々
シャープなラインが美しいアイボリーのロングハンドルに
紅茶を気持ちよく注ぎ淹れるボウルの穴細工は
紅茶をスピーディーに漉せる実用的なバーミンガム1937年
BakerBrothersのティーストレーナー
です。

ティーキャディからひと匙ひと匙、お好みの茶葉をティーポットに
いれるティータイムのはじまり。
葡萄の蔓ハンドルで仕上げシェル状のボウルへと全体をゴールド
ギルドで覆った貴婦人のティーキャディスプーン。
お茶の時間に合わせていただきたいティーキャディスプーンです。


2022.9.12

札幌大通り公園では先週末からオータムフェスタがスタート
しました。お天気に恵まれ色々な意味でようやく活動開始?

会場では北海道のフレッシュな食材や特産品からワインなど
試飲会で賑わっていますので札幌観光の際はおススメの
スポットです。

秋の味覚を愛でながらオータムティータイムをイメージ中です。
プチフールを取り上げるトングなどなど
軽く指で支えるシュガートングを幾つかご紹介します。

2022.9.12 C.1899年にオーダーされたロイヤルウースターE.Pillipsのティータイム
セットでガーデンティータイムをイメージしてみました。


熱々の紅茶をティーアーンに用意しティートレーにセッティング。
注ぎ口を軽く動かしティーカップに注ぎ入れ気分がお庭でゆるりとティー
パーティーです。
お茶とともにシュガーボウルには、ほんのり甘さを愉しむサブレを盛り付け
おしゃべりタイムはいかがですか。

2022.9.10 テーブルクロスを外しアンティークのレースをパッチワークの
ように遊んでみました。

大き目サイズのドイリーと小さ目ドイリーの上にケーキプレート
ティーカップを合わせ中央のスクエアレースにセンター飾りの
イパーンを囲むようにセッティングです。

C.1899年ロイヤルウースターのペインターE.Pillipsが描く
ティータイムセットはイングリッシュガーデンに誘われた気分に
なります。


2022.9.9 ブリュッセル・プリンセスレースのテーブルクロスです。
ひと針ひと針・・・紡いだアンティークレースは糸の宝石です。
中心のクロス紋様から前後左右に広げられた美しいレースを
テーブルにふんわり広げてみました。
日中の眩しい陽射しをやわらかく包み込む光のオーラが
眩しいです。

2022.9.7 左右の持ち手が王冠を模った受け皿付きのロンドン1936年
RobertEdgarStoneのティーストレーナーで午後のお茶時間は
いかがですか?

左右のハンドルを飾り細工とともに受け皿シェープがアザミを
模った愛らしいティーストレーナーです。
ティーサーヴィスセットとともに一緒に添えていただきたいお茶の
道具です。

ティータイムのティーマットとして合わせていただきたいファンシーな
ドイリーから手刺繍で見事なアイリッシュクロッシェをご紹介します。


2022.9.6 ロイヤルウースターで数多く活躍した伝説的なペインターのなかでも
自然描写に長けたE.Pillipsのお若い頃に描いたイングリッシュガーデン
フラワー、そよそよと風に吹かれる描写で描かれています。

ティーカップ&ソーサー&ケーキプレートをひとつひとつ異なる色調で
まとめた イングリッシュフラワーを緻密に色鮮やかにC.1899年に仕上げた
ティータイムセットです。

2022.9.5 ラウンドからスクエアさらに楕円形のドイリーをトレークロス
言われるようにレースの敷物からティーマットとしてテーブルシーンを
華やかせる美しいレースです。
サイズも大&小と同じモチーフで組み合わせられたドイリーをご紹介
します。

薔薇の花びらを中心に左右にのびる蕾を刺繍で飾りフリンジで
縁取られた少し大き目のティーナプキンを合わせませんか。


2022.9.3 食事の始まりと終わりを告げる役目を持つナプキン
カジュアルでもフォーマルでもセッティングの最後に
添えるだけで気落ちが引きしまります。

ディナー用からランチさらにティー&カクテルナプキンと
シーンに合わせて美しいセッティングをイメージしませんか。

ティーマットに合わせられる大き目サイズのドイリー
薔薇の刺繍を施したドイリー 直径245mmに薔薇尽くしで
デザートシーンが似合います。

2022.9.2

午後のティータイムを華やかせる真白なナプキン。
当時は宝石と同じくらい貴重なリネンとして大切に保管されて
い ました。

ケーキプレートに似合う大きさのティーナプキンをご紹介します。

貴婦人のお茶会には添えていただきたいホワイトリネンに
刺繍を施したナプキンが華やぎます。

2022.8.31

朝から雨が降り午後からはどしゃ降りの雨が降る予報です。
あいにく自然光のなかでの撮影タイムには全くむかない日ですが
銀器のお手入れには最適?です。
スコップ型スタイルのキャディスプーンはバーミンガムで申請した
シルバースミスを多く手にします。
その中でも1809年の刻印を読み解くマザーオブパールハンドルの
キャディスプーンは貴重な出会いです。


KOTETSUマダムのアンティークシルバーのある暮らしをもっと身近に
接していただける オンライン発信を SSTYLE ことDearSmitty会員様
サイトにて身近なテーブルを彩る銀器を テーマに編集しています。

第一回目はアンティークシルバーのスプーン色々にはじまり
今回はイングリッシュブレックファーストに焦点を当て時代ごとに愛用
された朝食のためのアンティークシルバーをご紹介しています。
会員様向けに発信しておりますので、 お気軽にDearSmitty様にお問い
合わせくださいませ。

2022.8.30 ハートの粒が可愛い葡萄マイ・ハートをいただきました。
一瞬、普通の粒とは少し違う?
シャインマスカットから新たな品種が 生み出された赤い粒。
可愛いハートの粒にグレープシザーズをさっそくセッティングです。

こちらは種もなく皮ごと食べられる甘みたっぷりで香りも華やかさです。
実りの秋を迎え日々愉しいデザートカトラリーが活躍しています。

2022.8.29 ゆっくりゆっくり秋風を感じる頃になりました。
実りの秋にふさわしいデザートカトラリーでテーブルセッティング
ボウルからハンドルまでの長さが260mmのサーヴィングスプーン
フローラダニカのボウルを小さく感じさせるほどです。
デザートナイフ&フォークのサイズもフルーツデザート用にオーダー
されたデザートカトラリーに比べフォークの刃先が幅広くパイ地にも
ヘビー級のタルトにも似合うボリューム感です。


2022.8.27 柚子の味わいを愉しむ寒天で仕上げた露菓子をシェフィールド
1906年JohnSandessonのケーキナイフで切り分けます。

マザーオブパールハンドルのロングサイズのケーキナイフは
ケーキの切り分けに限らず羊羹や寒天で仕上げた露菓子の
サーヴィスに添えませんか。

冷たい露菓子とともにジョージアンスターリングシルバーのゴールド
ギルドを施したバーミンガム1809年JLスコップ型キャディスプーンで
ローズティータイムです。


2022.8.26 エナメルジュールで飾られたロイヤルウースターのガーランド紋様の
ケーキプレートにもスタイリッシュなラリックのグラスウエアにも合わせ
やすいマザーオブパールハンドルのデザートカトラリーです。
シェフィールド1871年HarrisonBrothers&Howsonボリュームを
持たせたマザーオブパールハンドルに繋ぎ目を飾るボール装飾。
さくさく生地仕上げのタルトの切り分けにもスムーズに召し上がれる
ラウンドブレード魅力的です。


2022.8.24 マザーオブパールハンドルのデザートカトラリーで午後の
お茶時間です。

横長に広がるオーバルディッシュを重ねたケーキスタンド
スマートな横長スタイルのフレッシュケーキを盛りつけ
ティーナプキンを添えてお茶にします。

お花摘まみのティーポットと薔薇のガーランドで飾られた
ケーキプレートにガーランド紋様のティーナプキンを合わせました。

2022.8.23 そろそろ秋風が吹く頃と思いきや蒸し暑い日が続きます。
ゴールドギルドを施したVineスタイルのデザートカトラリー
ラリック&ロブマイヤーのグラスウエアで色重ねです。
ポーセリンにもグラスウエアにも合わせやすいデザートカトラリーです。

2022.8.22

オリジナルボックスに収納されたデザートカトラリーセットです。
12名分を基本としてオーダーされたVineスタイルハンドルは
ブリティシュスタイルのテーブルカトラリーの中でも最も美しい
装飾と言われるテーブルカトラリーハンドルのひとつです。

誰もが手掛けられたハンドルパターンではないため特定のシルバー
スミスの流れをつなげた工房が受け継がれています。
オーダーされた時代もロンドン1908年とElkington&CoLtd実力と
名声を極めた時代に作られています。


ゴールドギルドで覆われたデザートナイフ・フォーク・スプーンに
アイスクリームスプーンが12名分揃えられています。
サーヴィングカトラリーとして ロングサイズのフルーツサーヴィング
スプーン8本にグレープシザーズ1本を合わせ、重厚仕上げの
ナッツクラッカーを2本加えた59ピースセットです。

2022.8.20 マイティータイムにぴったりのティーセットです。
シェフィールド1904年CWFretcher&SonLtdのバレリーナのような
底面から立ち上がるフローラル紋様がすらりとしています。

真上からも真横からもスクロール&シェルロカイユが浮き上がり
ハンドルを飾るストッパー彫刻にもアカンサス葉を見事に仕上げた
ティーセットで午後のお茶時間です。

2022.8.19 マザーオブパールハンドルを合わせたバーミンガム1862年
Hilliard&Thomasonのバターナイフです。

幅広ブレードを弓なり状に模りスクロール紋様とともに中央を
スクロール紋様のエングレーヴィング彩とブレードとハンドルを
繋ぐスクロール状に盛り上げた装飾が優美です。

ヴィクトリア時代に活躍したシルバースミスから引き継いだ
バロック調のモチーフを見事にロココスタイルに仕上げた
シェフィールド1903年Walker&Hallのティーポットもスクロール
モチーフとアカンサス葉の華やかさと重厚感で仕上げています。

秋めく頃にお茶を愉しみたいティーポットです。

2022.8.17 アメリカスターリングシルバーの口元優しいペイストリーフォークで
カットフルーツを召し上がりませんか。

昨日は北海道内にも土砂災害等々大雨の影響がございました。
札幌は比較的?大雨の被害もなく一夜明けますと再び青空夏空に
見舞われ眩しい太陽です。

秋に向けて旬のフルーツが美味しい頃、ラリックのプレートに
おしゃれに 盛り付け気軽にお召し上がりいただけますペイストリー
フォークで夏バテ防止におススメです。


2022.8.16

残暑厳しい日が続いております。
札幌はかろじて?大雨にもならず樹木にとっては命の水となり
緑がよみがえってきました。
湿度と気温の高さが続く8月を乗り越えられますように。

今回はとても不思議なご縁でラリックのグラスプレートが揃いました。
クレッセントプレートたんぽぽ(Pisseulit)で涼やかに過ごし
ませんか。今回は5枚セットでのご紹介です。


2022.8.13 ロンドン1925年アンピールスタイルの特徴あるハンドルラインを
ティーポット&コーヒーポット&ミルクジャグ&シュガーボウル&
ティートレーに 美しく飾られています。

ティートレーにセッティングしますとバランス良く調和がとれています。

2022.8.11

書籍「アンティークシルバーのある暮らし」PartTの英国銀器のスタイルに
ご紹介しましたアンピールスタイルのティーサーヴィスセット。
リージェンシースタイルと重なるスタイルとしてティーサーヴィスセットの
デザインに用いられましたシェフィールド1925年JamesDixon&SonsLtd
ティートレー&ティーポット&コーヒーポット&ミルクジャグ&シュガー
ボウルを揃えたティーサーヴィスセットです。

アカンサス葉のポイントとライオンフェイスがそれぞれのハンドルを象徴的に
飾っています。

2022.8.9 朝から息苦しい暑さに包まれています。
午後のお茶時間は デザートカトラリーを涼やかにセッティング
ナイフレストにシェフィールド190年HarrisonBrothers&Howson
12名分が揃いますデザートカトラリー
を重ねてみますと
シェルのナイフレストとマザーオブパールハンドルが似合います。
ハンドルとブレードを繋ぐボウル&ビーズ飾りも瑞々しく艶やかです。
蒸し暑い午後はラリックのグラスプレートに冷たいデザートを合わせ
暑さを凌ぎましょう。

2022.8.8

今朝はスコールのように路面に叩きつける雨のなか虎徹に運びました
ピンクの色合いが優しいコールポート・バッドウィングティータイム
セット
を 雨上がりにセッティングです。
ティーカップ&ソーサーにケーキプレートを重ね合わせた6名分と
B&Bプレートにシュガーボウルが揃えられたティータイムセット。

お一人様のセットの下には直径280mmのドイリーを人数分重ねて
英国流のお茶時間です。

2022.8.6 折りたたみ式ケーキスタンドで午後のお茶です。
横長のテーブルが二段重なり持ち運びもらくらくスタイル
さらにコンパクトに折りたためる重宝なケーキスタンドです。
お茶時間のケーキスタンドからサイドテーブルにいつでも
どこでもお茶の時間を過ごしませんか。

2022.8.5 エレガントなテーブルカトラリーを手掛けたFrancisHigginsの
ロンドン1932年Vineパターン・アイスクリームスプーン
で暑さを乗り切る
デザートタイムにお口元へひんやり如何ですか。

テーブルカトラリーを美しく支えるフレンチシルバーのポイントに
シェルロカイユで仕上げたナイフレスト。

バーの高さが程よくデザートカトラリーをエレガントに引き立てます。
テーブルセッティングが涼やかにマザーオブパールハンドルの
カトラリーを引き立ててくれます。

2022.8.3

プチお茶会のプレビューアレンジです。
マリーアントワネットをはじめとした華麗なる紳士淑女を模った
C.1900年Paris CharlesForgelotのフレンチシルバーのカードスタンド

ご招待するお席に其々ネームカードを立てお迎えです。
その中にはエンジェルも楽器を奏でる姿で加えられています。

2022.8.2 涼やかな色合わせで猛暑を乗り切りませんか。
簾のごとく透明感が爽やかな和菓子と一緒にティートレーを
折敷に見立て午後のお茶時間です。


マザーオブパールのナイフを合わせましたキャビアナイフ。
ナイフブレードに厚みを持たせたマザーオブパールの虹色と
ドイツ銀800のスマートなハンドルがとても持ちやすいです。

2022.8.1 ヴィクトリアンスターリングの直径270mmのロンドン1890年
SibrayHall&Coのサルヴァはグラスウエアを美しく引き立てます。

ドリンクグラスセットとしてロブマイヤーグラスを飾るネオ・ロココの
コパ―ウィール・ エングレーヴィングを浮き上がらせています。
サルヴァの縁取り紋様&フット装飾が上品に仕上げられています。

2022.7.30 ティータイムをしつらうティーサーヴィスセットからバスケット等など
ティーテーブルと一緒に合わせてセッティングしませんか。
サイドテーブルはもちろん、左画像の二段構造のティーテーブルは
上下段に必要なアイテムを手の届く場所に置きながらスムーズに
お茶時間を愉しめます。
物言わぬダムウエイターです。

ちなみにティーテーブルの上段に合わせましたティートレーは
縁取りをビーズ紋様で飾られたフット装飾の無いティートレーです。

右画像のアカンサス葉に飾られたハンドルと4本の脚で支えるティー
トレーはヴィクトリア女王の即位が決定した1837年にオーダーされた
ウィリアム4世統治下ジョージアンスターリングシルバーの美しいティー
トレーです。


2022.7.29 花びらケーキバスケットに焼きモンブランのアレンジです。
微妙に大きさが異なるモンブランをバランス良く並べてみました。
縁取りの紋様が目に入る盛り付けがケーキバスケットを引き立てる
ボリューム感です。 ハンドルモチーフがリボンのように結ばれた
シェフィールドJohnEdwardBinghamのケーキバスケットで
フルーツアレンジからスイーツアレンジはいかがですか。


アフタヌーンティークロスをティーテーブルに広げるだけで
心ときめくお茶の時間です。

花びら状のホワイトリネンを中心に メダリオン&フローラル紋様の
ガーランドにシェルロカイユをアクセントに飾ったティークロスで
アフタヌーンティータイムを 過ごしませんか。

2022.7.28 アフタヌーンティーのテーブルに合わせていただきたいテーブル
クロスを数点ご紹介します。

基本的にはホワイトリネンを中心に繊細なレースを縁取る美しい
ティータイム用のテーブルクロスからカットワークでイングランドの花を
あしらう気品高きテーブルクロス。
ナチュラルベージュのリネンを中心にチュールレースを飾る見事な
フローラル紋様の刺繍飾りは華麗なる糸のマジックです。

2022.7.26

蓋重ねのバターディッシュはとても重宝です。
蝶番部分がバネ式構造で指で抑えながら開閉動作をスムーズに
安定感のある重厚な蓋付きバーミンガム1927年WilliwmSucklingLtd
バターディッシュです。


テーブルレースランナーに続きサイドテーブルやオケ―ジョナルテーブル
ティーテーブルにふわりと掛けていただきたいテーブルクロスを数点
ご紹介します。

ようやく汗&汗。。のアイロンを掛け終わり撮影に取り掛かっています。

2022.7.25

ウォータージャグを揃えオーダーされたティーサーヴィス4点セット
グラスゴー1899年JohnAlexanderFettesです。

ボディを飾る装飾が右ハンドルに置いた時と左ハンドルに置いた時に
気付く装飾文様の違いを楽しめます。
ハイハンドル仕上げに蓋の中心から回りを飾るお花のガーランド紋様
エレガントなレースのように華やかです。
一番の特徴は四方に広がるくるりとケープを包み込むフット装飾です。
細かな装飾をフットのくるりと巻き上げた中に丁寧に仕上げられています。

2022.7.23 フレンチシルバーのC.1900年Parisヴェルメイユを施した
シュガーキャスター
です。
アカンサスの葉で囲みリーフガーランドをリボンで束ねた
キャスターにグラス面にも同様のリーフガーランドにリボンで
束ねたモチーフで四面を飾っています。
シュガーパウダーはトップの盛り上がり部分の穴細工から
ぱらぱらと焼き菓子やフルーツ等にシュガーを振り掛けるために
オーダーされたシュガーキャスターです。

2022.7.22 オーガンジーのクロスにさらりと合わせたい横幅330X1370mmの
レースで縁取られたテーブルランナー

真っ白なリネンの回りを幅広く仕上げた立体感のあるフローラル文様が
涼し気です。

涼しさを装うマザーオブパールハンドルのシェフィールド1896年
JamesDixon&SonsLtdの デザートカトラリーを合わせ午後のお茶
時間をしつらいませんか。


2022.7.20 採れたてハスカップの実で飾られたタルトを葡萄のディッシュに
重ね三段ケーキスタンドアレンジで午後のお茶の時間です。

不老長寿に?と崇められる貴重なハスカップの実
程よい酸味がタルトとの相性も良く美味しい午後の紅茶です。

テーブルを飾る薔薇の刺繍で飾られたアンティークレースを
浮き上がらせるようにセッティングです

薔薇の刺繍を施したティーナプキンを合わせますとパーフェクト?
貴婦人の午後のお茶時間の完成です。

2022.7.19 きらきらと輝ロンドン1897年WilliamHutton&SonsLtdの
ピアッシング紋様で飾られたサンドイッチトング
葡萄紋様のラウンドディッシュに映り込んでいます。
ようやく雨雲が抜けた札幌に太陽が顔を出してくれました。

蒸し暑いなか必死にアイロン掛けを終えた真っ白なリネンを
縁取る立体仕上げのレースをご紹介します。

ダイニングテーブルやティーテーブルのセンターを華やかに
いつものセッティングが変わる魔法のひと振りです。

2022.7.16 C.1790年マイセンの「小テーブルのパターン(Tischenmuster)」と
呼ばれる文様を描いたカップ&ソーサーで先駆けの秋草尽くしで
お茶の時間です。

大ぶりのカップ&ソーサーが漆器に浮き上がるマイセンの美しい
白磁が午後の陽射しに照らされています。

2022.7.15 二人で過ごすお茶時間にオーバルレースをティーマットに
合わせカジュアルティータイムです。

ティーカップ&ソーサーにケーキプレートを並べプチフールでも
マカロンでもほっと一息したいティータイムもレースで華やかです。

2022.7.14

ケーキスタンドで花遊びしませんか。
三段のディッシュをお好きなグラディ―ションでアレンジです。
フローラル紋様が浮き上がるグラスゴー1899年
JhonAlexanderFettesのティーサーヴィスセットを合わせ
午後のお茶時間です。


2022.7.13 午後のお茶時間をケーキスタンドをいくつか並べて盛り付けアレンジに
挑戦してみました。

高低差をいかしたスィーツ&サンドイッチ&プチフール&フルーツなどなど
エレガントにもカジュアルにもしつらえるお茶時間です。

2022.7.12 ドイツ800銀のペア・グラスコンポートです。
トップに合わせたグラスディッシュとネオクラシカルスタイルの
スタンドをバッカスが支えている厳かなコンポート。
程よい深みを持たせたグラスディッシュにボンボンショコラや
ドラジェなどスィーツアレンジからテーブルフラワーアレンジで
蒸し暑さを爽やかに演出しませんか。

2022.7.11 しばらく控えていましたが今日はスィーツを買い求めてきました。
雨が降る前の蒸し暑い空気のなか、さっそくケーキスタンドで
スィーツアレンジに挑戦です。

程よい高さのフラット仕上げのディッシュは高低さのあるスィーツ
アレンジをスポットを当てるように綺麗に合わせられます。

2022.7.9 ホワイトリネンの中心にテープレースで繊細なフローラルモチーフを
直径660mmに仕上げたラウンドレースは涼やかさの演出に最適です。

テーブルクロスに重ねてもマホガニーテーブルに合わせてもお花の
中心&糸を噤む中心に糸を盛り上げるように飾ったポイントがくっきり
浮き上がってみえます。

透かし紋様のプレートを重ねたケーキスタンドもサマータイムの午後の
お茶時間に役立つアイテムです。

2022.7.8 爽やかなグリーンにバイオレットを合わせた涼し気なアフタヌーン
ティータイムはいかがですか。
ロイヤルドルトンのティーカップ&ソーサーにケーキプレートを
組み合わされサンドイッチやバウンドケーキを盛りつけられます
B&Bプレートが2枚揃った嬉しいシリーズです。

ラウンドレースを合わせエレガントティータイムセッティングです。

2022.7.6 札幌の夏は突然はじまります。
蝦夷梅雨かしらと太陽に恋いこがれていますと場面が一変し
この暑さはどうしたの?
不意打ちを掛けられたように急いで暑さ対策を考え中です。
暑さ寒さに耐えられる体力を作り上げるためにもデザート用の
スプーンは口触りのよいスターリングシルバーがおススメです。


左画像のボウルの先端がシャープにとがったスプーンは
フレンチシルバーのフルーツスプーンです。

夕張メロンをすーっと掬え冷たいメロンを心地よいく召し上がれます。
右画像のまるいボウルにハンドルをリボンで飾ったスプーンは
アイスクリームやジェラードを美味しく召し上がれます。

どちらもサマータイムを涼やかに過ごしていただきたいおススメの
フルーツスプーン&アイスクリームスプーンです。

2022.7.4 ハンドルからボウルへとレースのようなサーヴィングスプーンです。
休日のプチディジュネにフレッシュ・フルーツサラダと一緒に
シェフィールド1902年AtkinBrothersの繊細なサーヴィングスプーンを
合わせませんか。
貴婦人気分でるんるん!です。

右画像のエレガントなブレードラインのシェフィールド1903年
ボックスに収納されたティーナイフ6本セットです。

ブレードを飾る美しいスクロール紋様を先端へとブライトかットで浮き
上がらせて います。
ハンドルのビーズライン&スクロール紋様を立体的に仕上げた
ローテーブルでアフタヌーンティータイムが似合うティーナイフです。

2022.7.1 ポワン・ド・ローズの美しいレースランナーです。
長さが2200mm横幅500mmをテーブルに重ねますと優雅さが
際立つ美しさです。

マホガニーのテーブルに合わせてもテーブルクロスに重ねられても
フローラルモチーフがひとつひとつ浮き上がる糸の宝石です。

2022.6.30 マイセンのピンクローズで飾られたInkwell
ピンクローズの蓋摘まみが愛らしい細工です。

なにより繊細な花びらのコンディションがとても美しい状態です。
一緒に合わせましたレディ用のペーパーナイフと赤い輝石がポイントの
ペンを重ねます。
こちらのペーパーナイフとペンのセットはボックスに納められた
貴重なレディの為のヴィクトリアンスターリングシルバーのステー
ショナリーセットです。


2022.6.29 お茶の時間に欠かせないお砂糖を扱うトングは英国でもフランスでも
特別な技巧で美しく装飾を施したシュガートングに出会います。
左のクッキーに合わせましたナチュラルティック装飾の
ロンドン1857年LiasBrothersのシュガーニップス。

指を掛ける部分から摘み部分へと重厚感たっぷりのロングサイズに
仕上げ摘み部分には丁寧な貝層を模っています。

マイセンスクエアプレートに合わせました華麗なフレンチシルバーの
シュガートング。

刻印を読み解きますとフランス革命真っ最中の1793年頃に花々の
透かし紋様で飾られた長さ158mmのシュガートング
でお砂糖を
取り上げたとは様々な出来事と重なる貴重な出会いです。

2022.6.28

緻密な刺繍を重ねたルマンディーレースをサイドテーブルに飾りますと
瞬く間に 空間が別世界に変わる不思議なパワーを感じます。
オーバル状に広がる左右の長さが900mm中央の最大奥行きが
750mmサイドテーブル全体に重ねられる大き目のサイズです。

中央を飾る麦の穂がたなびく様子を凹凸感のある刺繍で盛り上げた装飾技法や
放射状に広がるパッチワーク技法ひとつひとつのパーツにナチュラルフラワーを
刺繍で紡いだ宝石のようです。

ティーテーブルに合わせられるテーブルクロスとの出会いは稀です。
1100mm×1100mmの中央のリネン回りのレースと丁寧にレースで編上げた
貴重なサイズはトップクロスとしても直接テーブルに重ねても垂れ下がりの美しい
レース紋様が光のなかで浮き上がります。

2022.6.27 ヴェルメイユで覆われたフレンチシルバーのクラレットジャグで猛暑を
乗り切りませんか。

パートドヴェールのグラスを飾るホクシャが愛らしく表現されています。
蓋部分からハンドル、さらに台座を飾るフレンチシルバーのシェルロココ
紋様 に薔薇の花々が浮き上がっています。

2022.6.25 ロンドンがこんなに暑くなるとはと思いながらパリへ向かいますと
ここはアフリカ?まるで熱波で包まれたように暑い陽射しです。
ユーロスターのパリ北駅に着くや長蛇のタクシーを待つ縦列&縦列

オペラ座ビューのお部屋に滞在しましたので深夜になっても
オペラ座前でミュージックを楽しむ人々で賑わっていました。
二年前の1月、この周辺にはバリケードが積み重なったオペラ座前に
労働組合の抗議デモで警察との騒騒しい風景が嘘のようです。

プチディジュネのフルーツボウルに合わせました透かし紋様の
スプーン。

シェフィールド1902年AtkinBrothersの華麗なボウルにハンドルの
トップを飾る透かし紋様がおしゃれです。


2022.6.24

帰国しました。
出国時の24時間前にロンドンのプライベートクリニックで受けた
COVID-19PCR Testも陰性という結果報告を受信し帰国便に
乗り込みMy SOSアプリを起動し「検疫手続き事前登録」のQRコードの
スクリーンショットを見せながら入国手続きを終え札幌に戻りました。
前泊はやむを得ませんが後泊にならず最終便に乗り込めました。

フレンチシルバーのアイスクリームスプーンに添えました
2022年TheQueen'sPlatinumに選ばれた
プディングの爽やかな味わいをレシピがございますのでお入り用の
方は何なりとお申し付けください。

甘すぎずサマータイムにぴったりのプディングです。

ゲスト編にS様にお招きいただきました「薔薇のお茶会」をご紹介しま
した。青もみじの美しい頃、イングリッシュガーデンでお茶の時間を
愉しませていただきました。
どうぞ皆様も「薔薇のお茶会」にご一緒しませんか。

2022.6.23 フォートナム&メイソンのスィーツコーナーは時間を忘れてしまいます。
ショコラ&マカロン&エクレアにエリザベス女王即位70周年を祝した
プラチナ・ジュビリープディングもショーケースに並び爽やかなオレンジと
レモンの味わいをホテルに持ち帰り愉しみました。

繊細なマカロンのサーヴィングにシュガーニップスや フレンチシルバーの
シュガートングで優しく持ち上げ午後のお茶にします。


2022.6.21

ロンドンからパリへ移動。
間引き運転中で大混雑のユーロスターに乗り込み往復してきました。
ロンドン同様にパリも気温の変化が激しいです。
パリ到着時の気温が38℃には熱波に覆われたようでしたが翌朝は大雨。
晴れ間が見えた頃には観光客で賑わうパリです。

2022.6.18

ロンドンの爽やかな気候は一年中いつでも 薔薇が咲き誇っています。
異常な暑さにもめげず力強い薔薇のパワーです

デスクワークに薔薇のお花尽くしを合わせませんか。
コンディションと色合いも美しく目にした瞬間、ピンクの薔薇の花びらが艶々と気持ちを華やかせます。

2022.6.16

二年ぶりのロンドンです。
予想気温よりも高めの30℃と心地良いサマータイムを楽しむ人々でケンジントンパークが賑わっています。
森の樹々は天高く生い茂り、リスも鳩たちもセントラルロンドンの憩いの森が迎えてくれました。
滞在中のフレッシュ情報をご紹介出来ますようにリアルタイムでご紹介します。

2022.6.13 オケ―ジョナルテーブルをおしゃれにアレンジです。
テーブルを覆うようにアンティークレースをふんわり重ねティートレー
にもレースを重ねティーサーヴィスセットを華々しくセッティングです。
お茶のしつらえをアンティークレースでナチュラルな風が吹き抜ける
爽やかな演出はいかがですか。
中心のホワイトリネンを囲むようにレースで編みこまれたテーブル
クロス仕立ての貴重なアンティークレースです。


2022.6.11

善光寺さん御開帳期間中お参りに行かれたお土産にと
小布施堂の栗かのこケーキでご利益をいただきました。

やわらかい栗甘露煮が綺麗に並ぶバウンドケーキを
切り分けロイヤルウースターのケーキプレートに上品に
重ねられました。

ケーキナイフもとても切れ味良くすーっとサーヴィス。
オイスターフォークで口元へ優しくいただきます。

2022.6.10

ハンドルのモチーフから摘みの透かし紋様が角度により表情豊かな
装飾を愉しめるドイツ800銀のケーキトング

マドレーヌを持ち上げる際も50mmとゆったりサイズで優しくソフトに
取り上げられます。

2022.6.8 北海道もようやくガーデンティータイムを愉しめる季節に
なりました。
英国流のお茶の愉しみを過ごしませんか。

イングリッシュガーデンフラワーを描く魔法の筆タッチに
魅入られるスペシャルペインター
ロイヤルウースターのE.Phillipsが描いたティーC&Sで
セッティングです。


2022.6.7 葡萄尽くしでテーブルをしつらえしませんか。
ボリューム感のある葡萄の透かしに鋳造仕上げで飾ったディッシュは
センターを飾るのに相応しいスタイルです。

オブロングシェープにスクエアタイプと台座の重量もさることながら
全体の装飾技法に魅入ります。
ロングサイズのスィーツからホールケーキ等&フルーツの盛り付けに
シーズンごとに楽しめます。

2022.6.6 フレンチシルバー・ファーストのオイスターフォークでオイスターを
召し上がりませんか。

オイスターフォークの特徴的なカーブを持たせた刃先部分にヴェルメイユを
施しハンドルの表面&裏面にロココ調のスクロール紋様が浮き上がる
ように仕上げられています。
オイスターに限らずプチデザートタイムにも優しく口元へ運び入れる
口触りです。

2022.6.4 ほっと一息、ティータイム。
ハンドルトップを飾るチャームポイントの透かし紋様にご注目ください。

バターナイフの弓なりブレードに合わせた軽やかなモチーフに光が
あたっています。
ほっそりとしたハンドルを持ち上げマイ・クリームティーに合わせて
いただけます。

2022.6.3 オケ―ジョナルテーブルにノルマンディレースを広げ午後の
お茶時間です。

透かし紋様で飾られた縁取りを立ち上がらせた全面フラット
仕上げのオーバルプレート3段を合わせたケーキスタンド
軽く取り上げて召し上がれます一口サンドイッチからプチパイを
並べお花尽くしのティーポットと一緒にお茶にしませんか。

2022.6.2

スマートな脚で支えられた透かし紋様のバスケットで
お茶の時間をアレンジしませんか。
シェフィールド1911年JohnRound&SonLtdが手がけた
ボートシェープ全体を軽やかな透かし紋様を施しハンドルを
飾るリーフ紋様の浮き上がりがおしゃれです。
ペアセットにされても一つのみで自分のためのスィーツ入れ
としてもアイテムが広がるミニバスケットです。

バターディッシュに合わせましたバターナイフ。
透かし紋様が目を楽しませるチャームポイントとして飾られた
軽やかな シェフィールド1959年BakerBrothersのバター
ナイフ
で気軽なクリームティータイムはいかがでしょうか。
ただ今、3本の在庫がございますので数人でのお茶時間にも
お使いいただけます。

2022.6.1 KOTETSU流アフタヌーンティータイムです。
午後のお茶時間にケーキスタンドをプチフールアレンジでお披露目
大好きなAU BON VIEUX TEMPSのプチフールセックにショコラ色々
お好きなスィーツで午後のお茶にしませんか。