Part1.
Part2.
Part3.
「THE MILESTONE HOTEL」でのアフタヌーンティー
春☆待ち遠しい〜ガーデンティータイム
☆アイボリーブラッシュプレートのダブル重ね使い☆


ロンドン市内が真っ白。前代未聞とまでは申しませんが、雪に慣れない大都会はパニックでした。 そんな雪の中を向かいますのは、ケンジントン・ガーデンズ前のマイルストーン・ホテルです。 ケンジントン・パレスからケンジントン・パレスゲートを抜けた通り〜ケンジントン・ロードに面した マイルストーンホテルにてアフタヌーンティーです。 ヴィクトリア女王が幼少期を過ごしたケンジントン・パレス〜映画「ヴィクトリア女王 世紀の愛」にも、 こちらの門が印象深く映像に残されていたのではないでしょうか。

ティーラウンジにはアンティークの家具や絵画に囲まれたライブラリーを選びました。

こちらの場所以外にコンテンポラリーなコンサバトリーを選ぶ事も出来ますがプチ・マナーハウスに寛ぐ気分で ティータイムです。

すでに何組かのゲストが集まりライブラりーには、ほのかな紅茶の香りが漂っています。早々に低めの二人掛けソファに案内され、メニューをチェック。やはりボリュームいっぱいと言われます3段スタンド&お好みの紅茶をチョイスしました。 ここでいつもお客様よりご質問をいただきます「アフタヌーンティーに適したカトラリーのサイズは?」につきまして。こちらの画像でご覧いただきますように〜フィンガーサンドイッチを手に取り、手前のプレートにのせます。そのサイズは一般的にパン皿サイズを用意したティールームが多いです。 つまり・・・・ティーテーブルに合わせた食器&カトラリーであることがポイントです。こちらではプレートと一緒にデザートカトラリーを置いていますが、幾分・・・大きいのでは?と感じられると思います。それは現代のホテル業務使用のデザートカトラリーをセットしていることによります。
※スターリングシルバーではございません。何よりもゲストの方々が心地よくお使いいただけるプレートとカトラリーの組み合わせを一番に考えられる事が お招きする側の心得ではないでしょうか。そういう意味ではアンティーク銀器のティーナイフ&フォークはアフタヌーンティーの理想的なカトラリーです。
熱々の紅茶が用意されますとボリュームいっぱいの三段スタンドの登場です。 ※紅茶はこの度も無難な??アールグレイとラプサンスーチョンを選びました。 一番上にはプレーンスコーン&チョコ・スコーンとスィーツ数種類、その下にはカップケーキ&スィーツ色々、 そして一番下にはフィンガーサンドイッチ6種類か7種類ほどを盛り付けています。
サンドイッチの形を長方形&丸型にアレンジし〜その種類も豊富です。 サンドイッチの次はスコーン☆イギリスのクリームは少々濃い味わいの為〜ジャムのみを塗り付けいただきま〜す。
※ジャムを取り分けるスプーンが置かれていないため、ティースプーンで代用です。
さほど広い〜空間ではありませんが、やはり暖炉の前に座りたかった〜と思うのは、日が陰るにつれ気温が さらに冷え込み〜窓の外は雪が降り続いている様子・・・。通常では考えられないロンドンの気温ですから、ホテルの方々が電気ストーブを何台か持ち込み、壁際にスイッチオン。 ところがイギリスの電気設備は日本のような訳には参りませんので・・・付けたと思いきや照明器具の電源が切れる?? その繰り返しで今回はゆったりとしたティータイムというよりも、スタッフの方々の慌て方を見守り、少しお茶の温度が冷めやすかも・・・という状況でした。
すっかり外は夕暮れ、それぞれゲストの方々が席を離れた時に写しました「業務用のシルバープレート・ティーサービス」 そしてコンサバトリーから持ち込まれたアフタヌーンティーの大きなスタンド☆をどうぞご覧下さい。 貸切でティーパーティーなど、ゲストの方々を十分満足させる☆たっぷりスィーツ☆はまるでアートのようです。
▲ トップへ戻る



※Part.2 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
花々の開花が待ち遠しく思える頃、テーブルの上に並べるフラワーブーケ紋様のティーカップ&ディナープレートは春を待ちわびる気持ちに潤いを感じさせます。さらに陶磁器に合わせたテーブルカトラリーからケーキバスケット・クランベリーグラスコンポート、ラウンドディッシュ。花々を引き立たせるティーサービスセットが揃いますと〜すっかり気分はスプリングティータイムです。
スープチュリーンにはじっくり煮詰めたフルーツコンポートを盛り付け〜一緒に花模様のシフタースプーンを合わせます。ゆったりサイズのボールは華やかな絵柄に似合ったサーヴィングスプーンになります。 ソースボートにはデザートの味を引き締めるフルーツソースを用意します。一緒に添えたシフタースプーンはボール部分を南国のフルーツ柄〜味わいと一緒に目を楽しませてくれます。
深めのスクエアボールにはゆったりサイズのケーキトングがお似合いです。ブレッドケーキ・・・スコーンなどなど〜盛り付けが楽しくなるスクエアボールです。
上手付きラウンド・ケーキバスケット〜テーブルに置かれた時にはゲストの方々からの視線の位置が絶妙です。一緒に合わせたサーヴィングトングも薔薇をトリミングした華やかさが引き立ちます。 ほんの少し・・季節を先取りするような・・フレッシュスィーツ。

ラウンドディッシュの上にサーヴィングと一緒に並べ春一番。
ティータイムには是非とも〜登場させていただきたい小さなカトラリー。器が陶磁器やガラス、さらには銀器であろうとも・・・ピリッとスパイスの効いたセッティングに早変わりです。そしてマザーオブパールハンドルのデザートカトラリー&サーヴィングカトラリーセットを器に合わせますと 上品に。。。。しかも軽やかに演出してくれます。 ゲストの方々が手に取られた瞬間にも不思議な柔らかさを与える魅力的なカトラリーです。
▲ トップへ戻る



※Part.3 は画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
独特なアイボリーブラッシュの色合いがとても魅力的なロイヤルウースター。その〜やわらかな質感と地肌に浮き上がる花模様のプレート&ティーカップを引き立たせるセッティングパターンを どうぞ〜ご覧下さい。

セッティングのイメージ作りにはマホガニー素材の美しいテーブルであっても。。。リネンを重ねたセッティングでも、お好みに応じた楽しみ方がございます。こちらはティーテーブルの上に織地が浮き上がるように織られたアイボリーのゴブラン紋様、その上に小花紋様の レースライナーを重ねてみました。陶磁器の色&質感に似合ったテーブルリネンであればあるほど〜心地よい空間を作れます。
さらに一人分のセッティング・スペースにボリュームを持たせる為〜今回はプレートと同じくゴールド縁取りのある大き目の 重ね皿を用意します。 この重ね方がテーブル全体の立体感&引き締め効果を与え、テーブル上の空間&動作&バランスを整えられます。 しかし、陶磁器の質感により〜どんな重ね方にも必ず相性がございますので、プレートのカーブやフラット面の広さなど、 違うタイプのプレートで色々試みられて下さい。
全ては選ぶ方のお好みによって全てのテーブルセッティングのイメージが決定されると申しても良いほど〜数々の応用パターンが出来上がります。その中で一番気に入った組み合わせを選び〜楽しい会話が飛び交うようなテーブルをイメージしてみましょう。

▲ トップへ戻る

001|002|003|004|005|006|007|008|009|010|011|012|013|014|015|016|017|018|019|020
021|022|023|024|025|026|027|028|029|030|031|032|033|034|035|036|037|038|039|040
041|042|043|044|045|046|047|048|049|050|051|052|053|054|055|056|057|058|059|060
061|062|063|064|065|066|067|068|069|070